ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「社会の教科書の戦車」 は 「イギリス軍」「タンク」 等のタグがつけられた作品です。

やっぱ怖いと思う

エアラ

社会の教科書の戦車

エアラ

2012年5月15日 17:55
やっぱ怖いと思う
近衞騎兵2012年6月2日 01:20当時の日本陸軍公式文書でも、件の戦車について「雄型」「雌型」「ふたなり型」と書かれていたとか何とか。 ディエーズ2012年5月19日 10:05これが菱形塹壕突破用決戦兵器4号機か エアラ2012年5月17日 20:43SeaFurry@表現規制反対さん>ヘルマプロダイトスというのは自分は聞いたことないですね 調べたらフタナリって・・・ エアラ2012年5月17日 20:40ノーストリリアさん>前ド級の戦艦のような香ばしさを感じます みっタンさん>逃げるしかないでしょう エアラ2012年5月17日 20:34Patoriotto@指揮官さん>乗員としても十分恐怖に感じたでしょうね さいちゅーさん>ウィリーとかよさそうですね Ⅳ号ウィリー、ティーガーウィリー・・・ いや微妙? エアラ2012年5月17日 20:22林 亮太さん>時代と異質な形ですからね・・・ コンバットさん>エンジン剥き出しってヤバイすよね 昔原動機の授業でエンジン見ましたが音が>< SeaFurry@表現規制反対2012年5月16日 20:43砲装備がメイルで機銃装備がフィーメイル、機銃・砲併用型がヘルマプロダイトス、でしたよね。なんか怪しいネーミング。 みっタン2012年5月16日 19:52当時のドイツ軍は初めて戦車を見て、なにか分からないけど逃げた方がいいと思ったでしょうねw ノーストリリア2012年5月16日 18:40戦車って言うより陸上戦艦って感じがします。あとタイトルいいですね。資料集とかには大抵載ってますもんねw さいちゅー2012年5月16日 13:55前段階で開発されていた戦車がリトル・ウィリー、ビッグ・ウィリーという名前だったらしいのでもしMkI タンクと言う名前にならなかったららウィリー・ピート・・・なんて名前になっていたかもしれませんね。 Patoriotto指揮官2012年5月16日 13:49真下の兵士がw 工場にあるような得体の知れない鉄の巨大な塊がじわじわ迫ってくるなんて怖すぎますよ^^; でも乗ってる側もサスペンションないの乗り物に揺られて機関銃で穴の開く箱に押し込まれて… 恐ろしい^^; コンバット2012年5月16日 12:08でかwww平行四辺形の車体は確かに走りやすそう。でもこの頃はエンジンが・…。戦車はイギリスが最初に発明したとき極秘計画としたため製作に関わった人に「水を運ぶ車」と伝えたことからタンクとなったそうですが、確かに面白い名前になりそうw 林 亮太2012年5月16日 11:06なぜかWWIの戦車の方が凶悪な感じがするんですよね。タイガーIなんかと比べても。 エアラ2012年5月16日 05:24skullriderさん>今じゃジャンプして走りながら撃っちゃってますね 戦争すると文明は進化するという エアラ2012年5月16日 05:23オナホクラッシャー・タツコマさん>リベット好きなんですけど、中にはいたくないですねw さいちゅーさん>「タンク」という名詞が付かなかったらどんな名前になってたかな 芋虫みたいだからキャタピラーとかでしょうか エアラ2012年5月16日 05:12メタボギア@仮免得とくさん>大きく傾いたときはそれで怪我人とか出そうですね  ABCヤーさん>閲覧ありがとうございます 線画はA4コピー用紙にミリペンで、着彩はフォトショです エアラ2012年5月16日 05:06るいすしきさん>ソンムの戦いの記述があるだけでマシな気がします>< たいていはWW1でまとめられてる・・・ mafiaさん>大隊の頭文字を合わせてたというのでC大隊でカーネーションという設定で・・・ エアラ2012年5月16日 05:00車好きな人さん>まだ戦車というものが確立してなかったからしょうがないですね ドデン三式さん>雑誌のPANZERなら比較対決しそうですね もうしてるのかな? エアラ2012年5月16日 04:56佐竹義重さん>そういえば、ドリフでもコンバットネタありましたねw なまくらさん>戦車の登場 とかで挿絵をまじまじ見てました エアラ2012年5月16日 04:54ほむらさん>WW1後期にはなくなってるみたいですね 正確な時期はわかりませんが 三十六式さん>ありがとうございます~

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。