フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「死んで生き返りましたれぽ その8」 は 「レポ」「日記」 等のタグがつけられた作品です。

死んだらどうなるかその1→illust/40218865前→illust/434...

村上竹尾

死んで生き返りましたれぽ その8

村上竹尾

2014年5月23日 10:20
死んだらどうなるかその1→illust/40218865前→illust/43460853次→illust/44107133続きを見る
l-o-v-e2014年12月15日 05:57TYPE-MOONの月姫を連想したのは俺だけじゃないはず・・・ 脳の障害で物の見え方が変わるのはラマチャンドランのGhost in the brainに実例がたくさん紹介されているけれど、顔に線が見えたりするのもあるのか・・・ 俺も疲れてくると人の顔が異常にでかくみえたりするけ l-o-v-e2014年12月15日 05:55TYPE-MOONの月姫を思い出したのは俺だけじゃないはず 母親は言い方が酷すぎる 妹はぐう聖なのに 人ががんばってやってきたことを全否定すんなや 竹ノコ@ツイッター再開2014年8月11日 10:58空の境界の式みたいになったのかと思っちゃいました・・・・ Klef@ついった2014年7月22日 17:34自分が招いた結果だということで、この結果を受け入れるしかない、という状況で、支えてくれる周りがいて、頑張っているのに感動しました。私の周りにはこんな人はいないと思います。全部自分のせいで終わるとおもいます。でもきっと作者さんもその時はそう思っていたと思うので、私も頑張ります 寒田チメ2014年7月18日 23:41神様だって殺せるようになってしまったのかと思いました 52cm2014年7月16日 23:31病気に負けず、自分の生きかたに反対する存在にも負けず、絵と共に生きることを再び選び、一生懸命漫画を描いていらっしゃる姿を、この漫画を通して見ることができて、私までとても嬉しい気持ちです。どうか、自分の生き方を諦めず、進んでいってください。心より応援しています。 ねこ子2014年6月24日 00:20家族が同時期に脳腫瘍で闘病していたので、コメントせずにはいられませんでした。その時の状況と重なりドキドキしながら一気に読みました。漫画を描けるほど回復されて本当に良かったです!お身体ご自愛ください、そして大好きな漫画を描いてください。レポを描かれた竹尾さん尊敬します。 リネ2014年6月23日 03:24火の鳥にもありましたね 脳にダメージを負った人が物の見え方がおかしくなって 人が無機物に、無機物が人に見える話 実際にあるんですね… HARE(ラムダ卿の弟子)2014年6月17日 15:53月姫の志貴くんみたいになったのかと思った 美散2014年6月17日 02:56自分の症状を聞いて真っ先に絵を描くことの心配をするような人間に対して、いくら親心からくる言葉とはいえ言ってはいけないことだと思いました。「下手ねえ」のところで涙が止まらなかった。どうかどうか、ご自愛ください。 たけのこ2014年6月16日 14:04お母様としては「絵に娘を殺されかけた」くらいの気持ちだったのでしょう。もしかするとあなたを元気づけようとなさったのかもしれません。「もう駄目だ他の道を探そう」と無情にも言うのと無責任に「まだ頑張れるよ」と言うの、どちらが病気の人を傷つけないで済むのかは当人によるので難しいですね。 ものりすXP2014年6月8日 02:25私も家族が長期間闘病していた経験があるので、疲れたお母様の気持ちもわかります・・・しかし、これはダメだ・・・竹尾さんが絵を描き続けてきた日々を「全否定している」とも受け取れます。もっと言い様があったはずなのに・・・ ロレンス2014年6月6日 03:53続き)アーティストじゃなくたって、それでいいんだと思います、ご自愛を。絵を描くことでしか生きられないなら、まずは生きなければ。そう思います。この漫画に出会えてよかったです。 ロレンス2014年6月6日 03:40ブロードウェイと銃弾というコメディ映画で、アートと商売と生活の狭間で苦悩する作家が、人を殺し命を賭してまで創作へのこだわりを見せた男を目の当たりにし、僕はアーティストじゃない、口に出して安心した、僕はアーティストじゃない、といいます。それでいいんだと思います、ご自愛を。 2014年6月5日 21:18初めて拝見させていただきました。私は熱に弱く、回りの人が何を言っているのか高熱を出すと、理解できなくなって泣いてしまったり、何故か恐怖を感じたりしてしまいます。貴方のこの体験談に、思わず涙してしまいました。 これからも応援してます。 こもも2014年6月2日 21:21もっと多くの人に知ってもらいたい。命を粗末にする人や、自殺願望の人にも。 これで、私もいくらか救われました。私も色々とあったので。本当に絵を描けるまで回復してくれて嬉しいです。頑張って下さい!! かりん102014年6月1日 21:46今までの作品をみさせていただきました 涙しか出てきませんでした puu2014年5月30日 17:31続きを楽しみにいています。 lara2014年5月28日 18:28はじめまして。私はあなたが絵をまた描けるようになってくれたことがとても嬉しいです。死にかけからこんなに回復されて本当によかったです。命の大切さを改めて深く知ることができました。これからもリハビリなど頑張ってください。あなたの仲間はたくさんいますよ! きさら@私事により更新停止中2014年5月27日 23:53(続き)なれればと思いました。多分、そういうのは気持ちがあって多いほどいいと思って(私なんて道端の草ですが)。でも、今少なくともこれだけ描けるまで回復されて本当によかった。このレポを読めて本当によかったです

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。