フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「死んで生き返りましたれぽ その12」 は 「エッセイ」「オリジナル3000users入り」 等のタグがつけられた作品です。

こんな生活をしていた回想 暗いですその1→illust/40218865前→il...

村上竹尾

死んで生き返りましたれぽ その12

村上竹尾

2014年7月7日 21:27
こんな生活をしていた回想 暗いですその1→illust/40218865前→illust/44279668次→illust/44655589続きを見る
プロフ必読!若本エロモンドン!2015年11月17日 20:02知っていても知らないこと、親がつけてくれた、僕の名前にある「健」の一文字の意味、改めて気づかせてくれたこと、感謝です、本当にありがとうございました、今すぐは無理ですが、いずれ本、購入します。 プロフ必読!若本エロモンドン!2015年11月17日 19:59ぼくも一応(えっちいのですが)マンガdl販売してるので背筋が凍るように怖かったです、いつも、親父に「(3回は)散歩、いけよ」とか、「太陽の光浴びろよ」とか口すっぱくいわれ、「やってるっちゅうねん」と思ってましたが、改めて、親の心遣いに感謝しました、 yajiuma-konjyou2014年10月1日 14:30作中で「どうしてこんなふうにしかなれなかったんだろう」とつぶやいている部分にはっとしました。 私も何度も、今も心の中でつぶやいています。 自分を追い詰めることにしかならなくても、抜け出せない苦しさに胸が苦しくなります。 じゃみたすこーひー2014年9月25日 22:44ととろさんに同意するね。 どこの世界も同じように平等なら誰も苦しまない。 でも苦しまないって、すごいつまんないよ。 たくさん苦しいこと辛いことあって 人生って豊かになっていくんじゃないかな。 そうじゃないと幸も不幸もわかんなくなると思う。 ととろ2014年8月10日 05:52絵書いてる人だとプロでも締め切りギリギリの人も多いと思いますけどねー、自分の生きてる世界を常識のように他人に押し付けるってどうなんでしょう? そのような言い方ですと、仕事がつらいのは当たり前=だから文句言うな、というふうに聞こえてしまいますがね con2014年7月19日 13:454月26日は私の母の誕生日です。死に向かう、なんてからかわれることがあると母は言います。母はおととし心を病みました。現在は元気になってくれて本当によかったです。あなたの漫画を読んでいると、人間の弱り切った姿に向き合ったあの頃のことを思い出します。ゆっくり生きてもいいんですよね。 まめはち2014年7月10日 21:53れぽがたくさんの方の目に留まる様になり、最初の頃には無かった冷たい言葉も少しずつ目立ってきました。それでも綴ってくださることに感謝します。貴女の話を少しずつで良いのでこれからも読ませて下さいね。 或架 狼人2014年7月10日 00:38夜中に失礼します。見知らぬ人間に突然このようなメッセージを送られるとたいそう困惑されるとは思いますが、それでも言いたかったので送ります。あなたに これからも生きていてほしいです。 スザク2014年7月9日 23:14ここまでの作品(れぽ1〜12)を読んで心が動かされました。急かすつもりはありませんが、続きを心待ちにしております。 momo2014年7月9日 18:22全部一気に読ませていただいて涙が出てきました この話を読むことができてよかったです soluna*2014年7月9日 16:33知り合いでもない人間が「あなたが生きていてよかった」等のコメントは信憑性が乏しく、重みとしては伝わり難いが、創作に携わる人(仕事or趣味)が、自分と重なる、共鳴する部分がある、という事は確かだと思う。ここはそういう人が集う場。だから作品が上位になることは必然。でもそれが切ないな。 msn2014年7月9日 16:25自分の存在価値を仕事に見出してしまうのは ある意味怖いことなんだなと気付きました それが上手くいかないと全てがどうでもよくなる気持ち よくわかります… 何もできなくても生きていてもいいという気持ちには なかなかなれないものですよね ぽっぽ焼き2014年7月9日 15:43お疲れ様です。私は竹尾さんが描く絵も話も大好きで、生きることについてよく考えさせられます。ゆっくり休んでくださいね。 2014年7月9日 14:10仕事がつらいのは当たり前の事 その中で楽しみを見つける事が出来るかできないかで 変わってくると思います 特に絵の仕事やデザインなんかは 後、「後がないから」という自分勝手な理由で締切ギリ行動というのは仕事してる人間としてどうかと思います スズシロ2014年7月9日 13:15生き抜いてくれた事に感謝します。 それでも絵を続けてくれた事に感謝します。 ハピヲン@情報屋2014年7月9日 09:52見入ってしました(≧∀≦) よもやま2014年7月9日 09:13作品制作お疲れ様です。今まで必死に仕事を熟されてきたんですね。仕事の事は忘れて今はゆっくり養生なさってください。 こみや2014年7月9日 08:15健康第一、ですね...今初めて読みまして、さっき1から読んできたんですが、同じような状況の人多いんじゃないかと思います。いろんなひとに読んで欲しいと思いました。 見澤2014年7月9日 02:48ちょっと大きめの絵本のような本で書籍化して欲しいです。 ささ2014年7月9日 01:19全部まとめて本にして貰いたいなあ

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。