フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「1214年7月27日“決戦は日曜日”」 は 「カペー朝」「フィリップ2世」 等のタグがつけられた作品です。

敵に背を向け、王はどこまで逃げるのか?と諸君は気がかりなのだろう。誓って余は逃げ...

Legionarius

1214年7月27日“決戦は日曜日”

Legionarius

2017年1月21日 18:20
敵に背を向け、王はどこまで逃げるのか?と諸君は気がかりなのだろう。誓って余は逃げはせぬ。戦うべき場所を探しているのだ。団結し、一軍として行軍する我らに対し、連合軍はじきに長蛇の隊列と化す。無論アレクサンドロスほどの戦術家でなければ戦力差3対5では勝てぬ。だが3対1を5回勝ち抜くのは容易い。如何な...続きを見る
Legionarius2017年2月13日 22:52なるほど、もっと長期的な立場で見ると長持ちするシステムの端緒はどちらだったかという点も浮かび上がりますね。重要な視点だと思います。 やたろう2017年2月13日 22:16後世のフランス王が「朕は国家なり」と自称した絶対王政の先駆けと言うべき功績を作られた方ですよね。ただ、ジョン王が原因である立憲君主制が生き残ったのを見ると、最後に勝ったのは…と思ってもしまうあたり、考察は尽きません。 Legionarius2017年1月22日 01:41Sorry, Roi - Soleil! Legionarius2017年1月21日 23:41Saint-Louis and l'Affable Charles VIII ! 有德没意志2017年1月21日 21:29Philip II is greatest king for french,but I like Charles VIII and Louis XIV more エピルス28号2017年1月21日 20:20オレが主役、オレが一番と自認する諸侯ばかりでフランス国王も神聖ローマ皇帝も苦労したでしょうね。 Legionarius2017年1月21日 20:19統率が取れていないと戦力を活かせないのでしょう。後の時代に百年戦争と呼ばれるほどずるずると戦う事になるのを思うと指導者の資質は非常に重要だと思い知らされますね……。 Legionarius2017年1月21日 20:06ジョルジュ・デュビー氏の書籍にも鉤で引き摺り下ろされたが上等な鎧と神の加護で、となってますね。旗手や護衛の騎士が救出したとも書かれてますが、相当な混戦だったのかもしれません。 Legionarius2017年1月21日 20:03今の様なはっきりした領域・国民国家とは違うので、何をするにしても旗色がばらばらで油断ならないというか。単純に英仏(あと独?)という括りで見るのも難しく、王は大変な立場だったでしょうね。 尾洲屋与之助2017年1月21日 19:46当時はフランス国王と言っても実権はパリ周辺部程度でしたからね。良い国王を持つとフランス軍は無類の強さを発揮しますね。反対連合軍は戦力の逐次投入と言う愚を犯し数の優位を全く生かせませませんでしたね。 名も無き円卓の鴉2017年1月21日 18:53ブーヴィーヌの戦いにおいて、フィリップ2世は敵の歩兵に囲まれてタコ殴りにされたけど、良い甲冑を着ていたので無傷で生還、味方が助けに来た、という逸話を昔読んだことがあるのですが、どれだけ信憑性があるものか… エピルス28号2017年1月21日 18:45イングランド含めたうるさい諸侯だらけの地で良く頑張ったと改めて。ジョン失地王の挿話で謀略家のイメージありましたが、それだけで名を残すこと無いわけですね。

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。