ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する
2312556
3050371
1367851919
0
0

pixivへようこそ

この作品 「高校では写真部の黒子君。 ~紫原君編~」 は「紫原敦」「黒バス」等のタグがつけられた作品です。

「あー・・・暇だしー・・・。」眉を顰めながら、だらりと足を投げ出すように座り込む...

sarah

高校では写真部の黒子君。 ~紫原君編~

sarah

2013年5月6日 07:21
「あー・・・暇だしー・・・。」
眉を顰めながら、だらりと足を投げ出すように座り込む。
部活の無い休日。家にあったお菓子も満足に食べきった後、何もすることがなくなってやって来た川原。
「紫原君。紫原君。」
いつもの淡々とした声音ではなく、どこか弾んだリズムで呼ばれた名前。
「なぁーに?」
先ほど偶然本屋帰りの彼と出会い、今は自分のすぐ真横に座る小さな影へと首を動かせば、パサリと頭になにかが落とされた。
「!」
「花冠です!普段は見下ろせない君の頭をボクが飾ってあげました!」
普段あまり動かない彼の表情筋が、珍しく満足気な笑みを作っていて―――
先ほどまで胸の奥でつっかえていたモヤモヤが、ふんわりと澄んだものへと変わったのを感じた。
そして、何故か目を見開いている相手に、「ありがとーねー。」と緩く返した。
すると気恥ずかしそうに俯いて座り込んでしまった彼。見えなくなった彼の表情と、丸見えな彼の旋毛に、自然と手が彼のふわふわな髪へと伸びた。

それは、既に懐かしい、中学時代の優しい思い出である。
  • 閲覧数7105
  • 総合点910

投稿した作品