pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"プロフ絵…標識は見ていた。(15歳以上推奨)", is tagged with 「おっぱい」「R-17.9」 and others.

酷道265に迷い込んだルシアナとムコの番。ケータイを使って必死に場所を特定するム...

検索@一時休止。

プロフ絵…標識は見ていた。(15歳以上推奨)

酷道265に迷い込んだルシアナとムコの番。ケータイを使って必死に場所を特定するムコを心配そうにルシアナが見つめていると…。「うっきー。」一頭の雄猿が山の方から彼女に熱い視線を送ってきた。どうやらいけないおっぱいさんのルシアナに惚れちった模様。雄猿がじっと見つめているのを見つけたルシアナ。彼が木の...Keep reading
酷道265に迷い込んだルシアナとムコの番。ケータイを使って必死に場所を特定するムコを心配そうにルシアナが見つめていると…。「うっきー。」一頭の雄猿が山の方から彼女に熱い視線を送ってきた。
どうやらいけないおっぱいさんのルシアナに惚れちった模様。雄猿がじっと見つめているのを見つけたルシアナ。彼が木の実を差し出すのを見て…。(うぅんう。るし。このコったら…。イケないコ。仮にもるしは人妻なのよ。)思わず疼いてしまった彼女。「ムコ。
るしはこのあたりでワラビだのコゴミだの取ってくるから場所を特定してるのよ。」「了解。」そして
彼女を誘うお猿さんの方へ。お猿さんはルシアナを
彼の大切な食料の場…ワラビ谷へとご案内。そこにはワラビだのコゴミだのタラの芽、ウドなどの山菜が豊富に。なにせ人手が滅多に入らない深山のこと。山菜を二人分とったルシアナ。「なにかお礼をしなくちゃね…。」フロント・タイ・トップの胸の結び目をといて、寝転んで雄猿と戯れるルシアナ。しばらくしてムコが必死に場所を特定する中、谷底ではルシアナの艶っぽい声が微かに響いていた。そして。「色々とありがとね。」山菜をもらったルシアナはムコのもとへ。「ルシアナさん?そのカッコはどうしたことで。」「るし。山の中には入れば「色々」あるのよ、「色々」と。」…しばらくして、山の中から悲しげなお猿さんの声が響いた…。数日後。お猿さんがルシアナのことを思い出してると・・・「うぅんう。
るし。遊びに来たわよー。」一人と一頭は再び山の中へ。その日、再び谷底にルシアナがサルと戯れる
艶っぽくも悩ましい声が微かに響いたという。Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.