pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"グスタフ・マーラー(1860~1911)", is tagged with 「オーストリア=ハンガリー」「グスタフ・マーラー」 and others.

これも、作曲家としてのは誰も描いてないようなので描いてみた。主な作品は、交響曲第...

タブリーズ

グスタフ・マーラー(1860~1911)

タブリーズ

5/11/2010 20:08
これも、作曲家としてのは誰も描いてないようなので描いてみた。主な作品は、交響曲第1番、第2番「復活」、第3番、第5番、第6番「悲劇的」、第8番「一千人の交響曲」、第9番、「亡き子をしのぶ歌」、「さすらう若人の歌」等。今年はマーラー生誕150周年です。アニメ版の銀河英雄伝説は、最初に公開された「我...Keep reading
これも、作曲家としてのは誰も描いてないようなので描いてみた。
主な作品は、交響曲第1番、第2番「復活」、第3番、第5番、第6番「悲劇的」、第8番「一千人の交響曲」、第9番、「亡き子をしのぶ歌」、「さすらう若人の歌」等。
今年はマーラー生誕150周年です。
アニメ版の銀河英雄伝説は、最初に公開された「我が征くは星の大海」の末尾が交響曲第3番のフィナーレであり、本編の第1話の冒頭が同曲のあの8本のホルンによる「交響曲第3番」の第1楽章冒頭から始まり、本編最終話110話の最後の場面、ミッターマイヤー夫妻とロイエンタールの遺児フェリックスがラインハルトが崩御した仮皇宮に帰る箇所では、交響曲第10番のフィナーレが使用されています。この曲は彼が第1楽章のみ管弦楽総譜を完成させ、残りの楽章はスケッチにとどまった「交響曲第10番」の最終楽章第5楽章(マーラーは完成できなかったので、イギリスの音楽学者クックが補筆し完成した版。)であり、この作品の第1楽章以外の補筆完成版をマーラーの作品とみなすかは意見がわかれているようです。(マーラーを得意とした指揮者のバーンスタインは第1楽章しか録音・録画していない)
恐らくアニメ全編に渡ってののクラシックの使用にあたっては、首尾一貫した作曲家とか曲の配置の構想はなかったと思いますが(「銀河英雄伝説ロマンアルバム」というムックに、楽曲担当者が「最初は考えてやっていたが、その内この話はマーラーでいこう、この話はドヴォルザークで行こうと考えるようになった」と言っています。しかしこれはアニメの製作が半分終わった時点の話)、アニメ版銀河英雄伝説という作品が原作の壮大な構成を考慮して、宇宙を想起させるマーラーに始まり、マーラーの最後の曲で閉じるというのは狙ってやったものと推測できますね。
マーラーはドヴォルザークの交響詩「英雄の歌」をウィーン・フィルを指揮して初演しており、その際ドヴォルザークに手紙で「この曲は素晴らしい楽想に溢れているので・・・すっかり魅了されてしまいました」というような旨のことを書き送っている。Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.