pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"おとぎ列車", is tagged with 「コッペル」「ニブロク」 and others.

西武山口線といえば、白いライオンズカラーの新交通システムである西武遊園地や西武ド...

うきは

おとぎ列車

うきは

6/19/2010 10:52
西武山口線といえば、白いライオンズカラーの新交通システムである西武遊園地や西武ドームにお出掛けするのに利用したことがある方は多いと思うそんな西武山口線だが、ほんの四半世紀前、1980年代の初めまではナローの蒸気が走っていた現在の遊園地西駅付近の多摩湖ホテル前(西武遊園地駅を経て遊園地前と改称)か...Keep reading
西武山口線といえば、白いライオンズカラーの新交通システムである
西武遊園地や西武ドームにお出掛けするのに利用したことがある方は多いと思う
そんな西武山口線だが、ほんの四半世紀前、1980年代の初めまではナローの蒸気が走っていた

現在の遊園地西駅付近の多摩湖ホテル前(西武遊園地駅を経て遊園地前と改称)からユネスコ村の間を走った762mm軌間の軽便鉄道である
1950年開業当初は山口信号所付近の上堰堤までの運転で遊園地の遊戯施設としての扱いだった
その後、地方鉄道として認可を取り直し、路線も延長されユネスコ村までを結ぶようになった
開業から凸型のバッテリー機関車で運転されていたが、1972年には日本の鉄道100周年を記念して蒸気機関車の運転を開始した
蒸気機関車は冬季以外の休日に走っていた

1972年の蒸機運転開始に際してまずは頚城鉄道から1号が借り入れされ、続いて井笠鉄道から2号が借り入れられた。休日はこの2機が上下列車をピストン運行することになる
この2機体制は1976年までで、2機の返還と共に代替の蒸機を台湾の台糖公司から譲り受けている
この2機が5型527号と532号で、新交通システムに移行する1984年まで運行された
これら運行された4両はいずれも出自は違うものの、みなコッペル製のタンク機であった
また、客車も蒸機に併せて井笠から譲り受けており、丸屋根とダブルルーフの車輌が4両ずつあった

実は僕が乗った初めての蒸機列車がこの山口線の蒸機達だった
ナローで木造客車で蒸機だなんて、今から考えれば正に夢のようで贅沢な列車だが
こんな列車が都心から電車で30分程度(当時の自宅からは自転車で15分程度)の距離のところに存在したのである
それも昭和50年代の末頃まで

老朽化した施設更新や当時隆盛を極めていた西武ライオンズ球団観戦への観客輸送
要件は様々あっただろうが、大勢のファンに見送られながらこの大きな私鉄の小さなナローは1984年5月14日終焉を迎えた
年々開発が進み、近代的なドーム球場や新交通システムの開業、ユネスコ村もなくなり
風光明媚な湖のほとりを小さな蒸気機関車が赤い客車を牽いて走ったあの頃を偲ぶものは殆ど無くなってしまった
あるのはいつまでも色褪せない思い出の中の風景だけであるClose
ジードォー!!7/14/2017 06:18おとぎ列車を小型化すると坊っちゃん列車っぽくなりますねq(^-^q) sigzaki10/26/2010 00:31おとぎ列車!懐かしいですね。押入れの奥に昔撮った8mmがあります。腐る前にDVD化せねばと思い出しました。ありがとうございます!。 ウルフワン6/25/2010 01:04蒸気機関車と客車は西武園内で動態保存、しかもレストランを利用し活躍しています。 うきは6/19/2010 21:58>56kumaさま 飯能だか高麗だかの新興住宅地と自社線を結ぶ新交通システムの実験モデル線だったとか聞いたことがあります。現実としてその辺はバスが輸送を担っていて実現はされていないのですが。例えばナローでなく本線の蒸機だったら秩父線とかで観光列車が走っていたかもしれないですよね 56kuma6/19/2010 21:25しい首都圏唯一のナロー電車として活躍し、SLの動態保存も継続されていたのかもしれませんね。そんなIFも面白そうです。 56kuma6/19/2010 21:23当時西武鉄道は、自社の開発した住宅地と西武線の駅の間の交通機関として新交通システムを普及させようと考えており、その試験として山口線を新交通システムに改良したという話をどこかで読んだことがあります。もしそうでなければ、地上設備改良や電化、長編成化するなどして公共交通機関としてふさわ うきは6/19/2010 11:20>青列車さま そうなんですよね。活用の道は幾らでもあったのでしょうけども・・・元々遊戯物という規格でもありますし、路線そのものを維持するのは困難だったのでしょう。いちおう静態保存はされていますが・・・ うきは6/19/2010 11:18>かもめさま 乗せてもらえるのが楽しみでねぇ。しょっちゅうジジババにせがんでました うきは6/19/2010 11:18>tajiさま 短いほうだと思うwwwまぁ、厨房だし相手にしないでおきましょうwww  青列車6/19/2010 11:05諸般の事情はあったでしょうが、しかし軽便蒸機+木造客車はそれ自体が観光資源たり得ます。公共交通として観光資源として両立させる手がなかったのか?と惜しまれますね(^^); かもめ6/19/2010 11:04懐かしいですね。自分も小さいころ親に乗せてもらいました。 tajimanokami6/19/2010 11:04准地元民だったのに、結局乗らなかった低鱈苦。「感傷旅行」だ物。ちっとは文章長くナラァな。オレは赦す!
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.