pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「慟哭と温もりと光の天蓋と」 は 「オリジナル」「ホタル」 等のタグがつけられた作品です。

七夕には想い合う2人が出会う一大イベント。そこで出会いと七夕をかけて描いたイラス...

でっち親分

慟哭と温もりと光の天蓋と

でっち親分

2010年7月4日 00:44
七夕には想い合う2人が出会う一大イベント。そこで出会いと七夕をかけて描いたイラストがこちらになります。今回は人物よりも雰囲気重視のイラストにしてみました。今まで登場してきた四季神神社にまつわるお話の主人公は一人の鬼の子です。名前は石動十夜。人であった彼は一つの事件をきっかけに周囲の全てから否定さ...続きを見る
七夕には想い合う2人が出会う一大イベント。そこで出会いと七夕をかけて描いたイラストがこちらになります。今回は人物よりも雰囲気重視のイラストにしてみました。今まで登場してきた四季神神社にまつわるお話の主人公は一人の鬼の子です。名前は石動十夜。人であった彼は一つの事件をきっかけに周囲の全てから否定されます。肉体的にも精神的にも追いつめられた十夜が彼女と出会ったのは光溢れる美しすぎる夜でした。彼女の温もりに包まれながら十夜は彼女の言葉を聞きます。「十夜。君は正しいことをしたよ。世界中の誰もが君を否定しても、私だけは君を認めてあげる。十夜、君は正しい」十夜は彼女の腕の中で慟哭し、この日から石動十夜は人ではなく、鬼の子として歩き始めます。鬼の子故に尋常ではない力を持っていても、その使い方が分からない十夜は彼女から闘う術を、そして妖として生きる術を学ぶことになります。四季神町へやって来るまでの生活の中で十夜は彼女のことを「せんせい」と呼び、本当の家族のような絆を作ることになるのですが、ぶっちゃけ彼女は破天荒な存在なので、彼女から色んな物事を教えられた十夜は随分と個性的な性格になってしまいます。「ただ己の在るがままに」-あの時交わした言葉を胸に生きる十夜は一見クールな機械のようですが、己の世界(神々とか妖とかごく僅かな人とか)を守るためには全力を出しちゃう情熱クンです。ぶっちゃけ人間はキライじゃなくて無関心なんですけどネ…←似ていて全然違うんですよ~汗閉じる
kidd2010年8月4日 01:12人物は画面でもっと大きくなっての感じがいい 白八咫@しろやた2010年7月4日 12:57ふ、ふつくしい(≧▽≦) 幻想的な雰囲気が素晴らしいです!! ホタルに星の光、背景の草木が雰囲気引き立てます! 綺麗だぁ(//▽//) *ありす*2010年7月4日 01:15蛍と星の光が細かくかかれていて神秘的な感じがイイです! その中で心を通わせる2人に感動!
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません