pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"高速鉄道~南満州鉄道「あじあ」号", is tagged with 「レイルマガジン」「南満州鉄道パシナ型蒸気機関車」 and others.

■今回のお題の「高速鉄道」は、二点投稿になりました。どちらを描こうか迷って、結局...

787.TSUBAME

高速鉄道~南満州鉄道「あじあ」号

787.TSUBAME

7/27/2010 00:15
■今回のお題の「高速鉄道」は、二点投稿になりました。どちらを描こうか迷って、結局両方描いてしまったのですが。最初に描きあげたのは、南満州鉄道の特急「あじあ」号です。■「あじあ」号は、1934(昭和9)年から1943(昭和18)年まで、大連と哈爾濱(ハルビン)の間、約950キロを運行されていた特急...Keep reading
■今回のお題の「高速鉄道」は、二点投稿になりました。どちらを描こうか迷って、結局両方描いてしまったのですが。最初に描きあげたのは、南満州鉄道の特急「あじあ」号です。
■「あじあ」号は、1934(昭和9)年から1943(昭和18)年まで、大連と哈爾濱(ハルビン)の間、約950キロを運行されていた特急列車で、最高速度は時速130キロ。大連と新京の間701キロを所要8時間30分で結び、表定速度は82.5km/hに達していたそうです。これは、当時日本の鉄道省で最速の特急列車だった「燕」の表定速度69.55km/hを大きく凌ぎ、戦前の日本最速である阪和電気鉄道の超特急の表定速度81.6km/hに匹敵する、蒸気機関車牽引による高速運転です。
■流線形のパシナ形蒸気機関車と専用固定編成の豪華客車で構成される列車の、そのほとんどすべてが日本の技術によって設計、製作されており、当時の日本の鉄道技術水準を示すものとして重要な列車なのですが、時代背景が悲しすぎました。■南満州鉄道というと、表向きは鉄道会社なのですが、その実は日本の傀儡政権である満州帝国の、占領政策の先鋒であり、戦後も中国に残された満鉄の列車たちは歴史の波に翻弄されることになりました。■その中でも、パシナ型蒸気機関車数両が瀋陽鉄道博物館などに保存されているということは、喜ばしい限りです。
■イラストは、全盛期の「あじあ」号を描きました。参考になるものは古写真しかなく、もちろん白黒ですので、色はどうしようかと迷いましたが、当時の文献にある「濃紺」や、外国人向けパンフの「Deep Indigo」という記載から、ブルートレインの青に近い色としました。軽~く流し撮り風に描いて、仕上げはおなじみ「Pixivの車窓から」風です。
■イラストには、一時ギクシャクした日中関係を思い、善隣友好の願いも込めています。
■初出:ネコパブリッシング社「レイルマガジン」誌2010年9月(#324)号Close
787.TSUBAME8/8/2012 23:57雪風2さん、「ジパング」もそうですが、歴史のif、語りだすと興味が尽きないですね。大日本帝国が描いた「大東亜共栄圏」、形を変えたのが「ASEAN」ですし、「TPP」でしょうね。そういう意味では、当時の人たちのほうが国際化に理解があったのかもしれません。 8/8/2012 19:59もし弟の溥傑が途中で皇帝を交代してれば、もう少し尚武の国になったと思います。 またソ連軍の卑怯なやり方に対抗するには、満州国が日本に形だけ宣戦布告を8月10日にしておく、そうしたらソ連は何もできなかったわけです。ビルマが無事日本兵を帰すためにわざとやった方法です。 そうしたら満州 787.TSUBAME7/8/2012 23:47雪風2さん、こんばんは。その中で、「満鉄」という組織の異色ぶりが際立つわけでして。ちょっと古い作品ですが、最近ラーメン屋さんで読んでいるかわぐちかいじ先生の「ジパング」なんかは、その辺の話も興味深く描かれていますよね。 7/8/2012 11:21現在の中華人民共和国内においては発言できませんが、満州人が建国したかったのは事実です。そのために日本を利用したとも言えます。ただ満洲人も清国建国当時と異なり、尚武の気風が消えてしまい、漢化してしまっていました。その点がモンゴル人と異なります。 787.TSUBAME7/7/2012 23:24雪風2さん、こんばんは。満州国に見た王道楽土。でも、植民地経営の経験が無かった日本にとっては「砂上の楼閣」になってしまったんですね。 7/7/2012 17:05まああえて日本側の失策を言うなら、近代国家を作ったのは良かった。しかし漢族の流入を無制限に許してしまった。戦乱の漢土を嫌って安定した満州国へ流入が続いてしまったのです。 満洲、モンゴル、オロチョン族などで構成し長城で制限かけていればまた違ったでしょう。 今のチベットを見るとわかり 7/7/2012 12:03日本ばかりが悪い様な記述も有りますが、漢人(いわゆる中国人)とは別民族の”満洲人”のことも考えると100%日本悪しではないと思います。満洲人はモンゴル人に近い騎馬民族です。 この土地は元々満洲人のものでした。  787.TSUBAME10/18/2010 22:574472fsさん、始めまして。お褒めの言葉、ありがとうございます。産業文化的にはすばらしい功績を残した彼女ですが、歴史的には暗い過去の遺産です。おっしゃるとおり、最近の日中情勢も考えると、お里帰りは果たせぬ夢なのでしょうね。 4472fs10/18/2010 12:33すばらしいイラストで涙が出そうになりました。なんとかして彼女を日本の地につれて帰ってほしいものですが…無理そうですね…特に最近の情勢ですと; 787.TSUBAME7/27/2010 23:42渦潮uzusioさん、こんばんは。思いがけず、好評をたくさんいただき、恐縮しています。動輪直径2メートルの巨体は、さぞかし迫力満点でしょうね。機会があれば間近に見てみたいものです。 787.TSUBAME7/27/2010 23:41NRHTさん、こんばんは。一時期、彼女を動態復元するという話もあったらしいのですが…。この列車そのものが“政治的”過ぎますからね。 787.TSUBAME7/27/2010 23:40kw19XX727さん、こんばんは。「ピク車窓」化せずに、大陸の広大な青空を描こうかとも思ったのですが、結局こうしてしまいました。ところで、Pixiv IDから察するところ、バースディではないでしょうか?おめでとうございます!今後とも各方面でよろしくお願いしますね! 787.TSUBAME7/27/2010 23:35有明さん、こんばんは。「ピク車窓」のRM誌掲載は都合2点目になりました。最初は2010年6月(#321)号掲載の「2010年 話題の車両(EF81型電気機関車の牽くコンテナ列車)」でした。 787.TSUBAME7/27/2010 23:33青列車さん、こんばんは。技術的にも、サービスも、世界水準だっただけに、本当に残念です。そして、その後の彼女たちの流転も、本当に痛切です。 渦潮uzusio(休止中)7/27/2010 22:57かのレイモンド・ローウィもこのカマのデザインはべた褒めだったとか。大陸サイズの流線形蒸機は迫力も満点だったことでしょうね。 NRHT7/27/2010 10:23懐かしい・・・あじあ号じゃないですか! 一度こいつに乗ってみたかった・・・ tKW:067/27/2010 08:52特異な形状の戦前のマンモス蒸機が、広大な大陸を驀進する迫力、それに増してその〈あじあ〉号を「ピク車窓」化してUPするとは・・・ 7/27/2010 00:59ついにこの形式はリアル雑誌にまで普及しましたか!しかも亜細亜号とは! 青列車7/27/2010 00:57しかし仰る通りあまりにも時代が悪過ぎました。それが悔しくもあり痛ましくもあります。 青列車7/27/2010 00:52満鉄にせよ、鮮鉄にせよ、内地では出来なかった(広軌論者には)理想を体現出来た存在で、技術的にも当時の欧州と比べてもあまり遜色のない仕上がりだったと聞き及びます。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.