pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「虫めづる姫君」 は 「戦国BASARA」「キャプション芸」 等のタグがつけられた作品です。

   さま、市ね、ちょうちょを飼い始めたんだよ。白と赤が斑になった、とっても綺麗...

タナトリル

虫めづる姫君

タナトリル

2010年11月16日 01:22
   さま、市ね、ちょうちょを飼い始めたんだよ。白と赤が斑になった、とっても綺麗なちょうちょ。ちょうちょはね、沼地にいたの。沼地には真っ白なお月さまがぽっつり浮かんでて、ちょうちょはそのまわりをひらひら飛んでたの。でもね、お月さまの周りには、羽を休める草も何もなくて、ちょうちょはずっと、お月さま...続きを見る
   さま、市ね、ちょうちょを飼い始めたんだよ。白と赤が斑になった、とっても綺麗なちょうちょ。ちょうちょはね、沼地にいたの。沼地には真っ白なお月さまがぽっつり浮かんでて、ちょうちょはそのまわりをひらひら飛んでたの。でもね、お月さまの周りには、羽を休める草も何もなくて、ちょうちょはずっと、お月さまのまわりをひらひら飛んでて、とっても苦しそうだったの。だから、こっちにもお水があるよう、甘いお花もあるよう、おいでおいでって、ちょうちょを呼んだの。でも、ちょうちょは市のことしらんぷりして、ずっとお月さまのまわりをひらひら飛んでたから、市のほうにも来てほしいなって、いっぱいお願いしたの。そうしたら、やさしいお日さまがお月さまを隠してくれて、沼地にはなんにも見えなくなったの。お月さまが見えなくなったら、ちょうちょはそのまま沼地に落ちちゃった。市、びっくりしたけど、すぐに手で漉くってあげたよ。冷たい沼から漉くったちょうちょは、市の手の中でふるふる震えてて、とっても可愛そうだったの。よしよし、市がいっぱい可愛がってあげるからねって、大事に大事に籠の中に入れて、兄様が持たせてくれた綺麗なお皿に、お花をいっぱい浮かべて、いつも市が子守唄を歌ってあげたの。市のお部屋で遊ぶときはね、市の手の中でちょうちょがひらひらするの。とってもかわいいのよ。可愛いね、いい子ねって、市が褒めてあげると、ちょうちょも喜ぶの。   さま、市ね、一人でもちゃんとちょうちょを飼えるんだよ、偉い?だから、市を怒らないでね、   さま。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません