pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「佐和山の狐と三味線弾」 は 「大谷吉継」「言いだしっぺの法則…にしてもも何この色気」 等のタグがつけられた作品です。

狐は「貴様に正体が知れたら、恐れ私の元から去ってしまうと思ったのだ、すまない」と...

らく

佐和山の狐と三味線弾

らく

2010年12月20日 20:27
狐は「貴様に正体が知れたら、恐れ私の元から去ってしまうと思ったのだ、すまない」と項垂れて言った。それを聞いた男は「われも三味線を弾くゆえお相子よ」と 包帯に包まれた手で才槌頭を撫でて笑った。・・・・・・・・・・って雰囲気の小説が降ってこないかなヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ    (「三味線を弾く」…相...続きを見る
狐は「貴様に正体が知れたら、恐れ私の元から去ってしまうと思ったのだ、すまない」と項垂れて言った。それを聞いた男は「われも三味線を弾くゆえお相子よ」と 包帯に包まれた手で才槌頭を撫でて笑った。・・・・・・・・・・って雰囲気の小説が降ってこないかなヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ    (「三味線を弾く」…相手を惑わすの意) 構想の中(とキャプション)では三成が出てるのと刑部と三成は私の中でセットなのでついついタグに三成入れてしまってましたが消しました、習慣オソロシイ(_ _(--;(_ _(--;閉じる