pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"バナナベンゼン 合成法 その2/2", is tagged with 「化学」「なるほどわからん」 and others.

次に、ベンゼンとバナナを1:6の物質量割合で反応させるが、バナナは通常の溶媒には...

o-ck

バナナベンゼン 合成法 その2/2

o-ck

1/17/2011 00:54
次に、ベンゼンとバナナを1:6の物質量割合で反応させるが、バナナは通常の溶媒にはまず溶けず、これが反応が進まない一因でもあった。そこで、同研究グループが2年前に開発した試薬、バナナバリウムがバナナを良く溶かす溶媒であることを利用したのである。バナナバリウムとはその名のとおり、分子式Ba(Na)2...Keep reading
次に、ベンゼンとバナナを1:6の物質量割合で反応させるが、バナナは通常の溶媒にはまず溶けず、これが反応が進まない一因でもあった。そこで、同研究グループが2年前に開発した試薬、バナナバリウムがバナナを良く溶かす溶媒であることを利用したのである。バナナバリウムとはその名のとおり、分子式Ba(Na)2で表される黄色の液体である。似たもの同士はよく溶け合う、ということなのだろう。

この物質はバナナのような芳香を持ち、食べるとバナナの味がするとのことだ。またなんと、水と混ぜるとバナナジュースになるという。

バナナバリウムは図2に示すように、平面が互いに直角に組み合わさった結晶構造を取っているという。バナナの文字列が並び、見ただけでもお腹が空いてきそうである。

話を戻すと、この状態でベンゼン1molに対してバナナ6房を溶解させ、先程のO=C-Kイオンが含まれる試薬を垂らす。その瞬間、今まで不可能と思われていた反応が一気に進み、試験管は黄金に輝き出し、実験室はバナナの甘い芳香で満たされたという。

同研究グループはこの得られた液体を抽出、分離することで純粋なヘキサバナナベンゼンの結晶を得た。結晶化は容易であり、材料も比較的手に入りやすいために今後は化学工場プラントでの大量生産も容易に可能になるだろうとのことだ。

また同グループは同日のうちに、ヘキサバナナベンゼンを触媒に用いることで画像3の様なバナナ状の化合物を作り出すことに成功している。

ヘキサバナナベンゼンの期待される効果の程だが、試しにサファリ難民であった研究員が結晶を家に持ち帰りインテリアとして飾ってみたところ、それだけで穴冥を3900点オーバーでフルコンしてしまったという。「信じられない。世界が変わったウホ」と、研究員はバナナを3本食べながら鼻息も荒く話してくれた。

教授は目を輝かせながら次のように話す。
「恐らく結晶を1粒でも経口摂取すれば段位Overjoyをフルコンしてしまうだろう。そのうち穴冥4000点がスタートラインになり、ピカグレ判定が1ms以下になる時代が来るかもしれない。」

夢の物質である1,2,3,4,5,6-ヘキサバナナベンゼンの実用化はもう手の届くところまできている。今後も同グループの研究に目が離せない。

   <2010年7月27日 甘蕉新聞 五里田記者(段位:(^^)/(^^))>Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.