pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"四角い船団", is tagged with 「軍艦」「海防艦」 and others.

なぜか前回のアンケートで同着1位だった丁型海防艦でございます。 海上輸送は大事。...

チャーフィ

四角い船団

チャーフィ

6/15/2011 20:10
なぜか前回のアンケートで同着1位だった丁型海防艦でございます。 海上輸送は大事。   ところで海防艦と言えば最近「海防艦第二〇五号海戦記」なる本を読みました。筆者の方がよほど船酔いが苦しかったらしく、あまりに生々しく重厚な描写がなされていたので、読んでいる私も船酔い気分になれました。小型なうえに...Keep reading
なぜか前回のアンケートで同着1位だった丁型海防艦でございます。 海上輸送は大事。   ところで海防艦と言えば最近「海防艦第二〇五号海戦記」なる本を読みました。筆者の方がよほど船酔いが苦しかったらしく、あまりに生々しく重厚な描写がなされていたので、読んでいる私も船酔い気分になれました。小型なうえに居住性は劣悪ということで凄まじい乗り心地だったようですね…。   ちなみに第二〇五号はイラストの準姉妹艦で、ディーゼル推進の丙型であります。Close
チャーフィ6/21/2011 17:44箕島屋さん>たまにいますよね、弾がよけて通ってるんじゃないかっていうほど運が良くて終戦まで生き延びちゃう艦って。 六条院@みしま屋6/20/2011 22:26「海防艦第二〇五号」読んだ事あります、小艦艇の奮戦、よく生き延びたものだと感嘆し勉強にもなりました チャーフィ6/16/2011 22:01ronnmeruさん>問題が深刻になってようやく対策を立てている所でしょうか。今の政府はその「対症療法」もまともにできてない気がするのですが・・・w チャーフィ6/16/2011 21:59tajimanokamiさん>精神科の先生は今でも人手不足が深刻ですよね。人を選ぶ役職なのでしょうか。 チャーフィ6/16/2011 21:56はりま屋さん>一度の決戦で最大の戦力になっても、日本の艦艇は後が続かないんですね・・・。 チャーフィ6/16/2011 21:55える子さん>大井篤氏の「海上護衛戦」などとはまた少し違った、水兵の目線から護衛戦の実態が見えてくる貴重な本だと思います。 チャーフィ6/16/2011 21:48山口多聞さん>数度の決戦を除いて温存冴えた主力艦と違い、通商戦こそ最前線だったと実感させられる1冊ですね。 ronnmeru6/16/2011 21:04もりやてつみさんの「死線航路」を思い出しました。船団防衛を甘く見ていた上層部の楽観心は今の原発問題ともどこか似通っていますね。 tajimanokami6/16/2011 20:27この手のフネに、精神科のインターンが船医で乗り込んで、交戦時に一体どんな治療が出来たのだろう…と言う話を読んだ覚えが。北杜夫先生か、と思ってたが記憶違い。さて誰だったのだろう? はりま屋6/15/2011 22:42松型駆逐艦とこの系統の海防艦が先の大戦における最も優れた艦艇だと思います。 える子@どこいな6/15/2011 21:37その本、輸送船団ネタの話書くときに参考になりそうですね Y提督6/15/2011 20:52雰囲気が良く出ています。自分も205号戦記は読みましたが、終戦に近づくにつれて対空砲弾にさえ事欠く描写には、追い詰められた日本を感じました。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.