pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"彼にかつての面影は無かった。", is tagged with 「妖怪」「ぬりかべ」 and others.

その34、塗壁。夜道を歩いていると、目の前に突然目に見えない壁が現れ、前へ進めな...

zatoumusi6月仕事受付

彼にかつての面影は無かった。

その34、塗壁。夜道を歩いていると、目の前に突然目に見えない壁が現れ、前へ進めなくなってしまう。壁の横をすり抜けようとしても、左右にどこまでも壁が続いており、よけて進むこともできない。棒で下の方を払えば壁は消えるという。  ■ 壁だけにどうアレンジしようかと思って、室町時代の塗壁の妖怪画を参考に...Keep reading
その34、塗壁。夜道を歩いていると、目の前に突然目に見えない壁が現れ、前へ進めなくなってしまう。壁の横をすり抜けようとしても、左右にどこまでも壁が続いており、よけて進むこともできない。棒で下の方を払えば壁は消えるという。  ■ 壁だけにどうアレンジしようかと思って、室町時代の塗壁の妖怪画を参考にしたらこうなっちゃいました。犬...。Close
hinoki6/23/2011 07:08どこを見ているのか分からない目が不気味と思いつつ、犬らしくて可愛さが勝ってますね。しかもより壁然とした風があります。私も何だか触発されて急にぬりかべを描きたくなりました。元の塗壁の謎の図案にも、何か深い意味があるのでしょうかね…。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.