pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「2081年の航空祭「はせがわ宇宙基地」にて」 は 「架空機」「VDF-37」 等のタグがつけられた作品です。

2081年4月、長らく続いた多国籍軍と反乱軍の戦闘は、ようやく終わりを告げた。反...

黒ライダー

2081年の航空祭「はせがわ宇宙基地」にて

黒ライダー

2011年8月5日 18:40
2081年4月、長らく続いた多国籍軍と反乱軍の戦闘は、ようやく終わりを告げた。反乱勢力は所属国家が次々と多国籍軍側に投降を始め、勢力が衰退していった。それを記念に戦争中に活躍し、一躍有名となった機体は航空祭で展示飛行することとなった。それを機にはせがわ基地内のホビー部門会社では、訪れたお客さん向...続きを見る
2081年4月、長らく続いた多国籍軍と反乱軍の戦闘は、ようやく終わりを告げた。反乱勢力は所属国家が次々と多国籍軍側に投降を始め、勢力が衰退していった。それを記念に戦争中に活躍し、一躍有名となった機体は航空祭で展示飛行することとなった。それを機にはせがわ基地内のホビー部門会社では、訪れたお客さん向けに多国籍軍の戦闘機のフィギュアやプラモデルを製作して販売を多国籍軍に委託した。この画像で展示されているのは60分の1スケールで製作されているプラモデルである。これを機に多国籍軍は、宇宙での脅威や反乱軍の残党等を掃討するための方針を決意することとなった。2081年6月11日。左からF-67/Su-67、F-67E/Su-67γ、VDF-37S、XVDF-47、XVDF-39、VDF-37、VDF-0E、VDF-0D(VDF-0Aの複座型)となっている。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません