pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"胡蝶の夢", is tagged with 「鬼」「決してグッジョブサインではない」 and others.

人ならざる者 人の愛を欲する この世に愛など無いと 嘲笑いながら  「この身にア...

人ならざる者 人の愛を欲する この世に愛など無いと 嘲笑いながら  「この身にアイを教えてくださるのなら オトコにでもオンナにでも、なりましょう・・・?」  尖り耳はハミハミするべきです、そして嫌がられたら喜ぶ変態のおじさんはここにおります  名前は揚羽さんです 私は見世物小屋とか、陰間とか今一...Keep reading
人ならざる者 人の愛を欲する この世に愛など無いと 嘲笑いながら  「この身にアイを教えてくださるのなら オトコにでもオンナにでも、なりましょう・・・?」  尖り耳はハミハミするべきです、そして嫌がられたら喜ぶ変態のおじさんはここにおります  名前は揚羽さんです 私は見世物小屋とか、陰間とか今一よく分かっていないので、独自の設定で語らせて頂きます 小さい頃に揚羽さんは孤児になったのだけど、たまたま見世物小屋の人に発見されて売り物になるからと連れ去られました 一応美人という設定にさせてください 化け物だと恐る人がほとんどだけど、一部の人達にはウケるだろう、と 見世物小屋に連れてこられたばかりの頃は、揚羽さんはツンツンして見物客にも無愛想、調教師の言う事も聞かないから身体に傷は付かない程度に酷い扱いをされていた訳です 自分の一生なんて、ろくなもんじゃない、こんな自分を使って儲けようとする人達の事と自分自身を嘲笑っていたのです それで何時しか、揚羽さんは人の命令を聞いたり媚を売れば生きやすくなる事を覚えるのです 心はどんどん冷めて行くけど、それは利口な生き方だと思ったのです 揚羽さんが成長した頃、たまたま見世物小屋に来て居た陰間茶屋、陰間遊楼??の人が揚羽さんを見て、自分の店の売り物にしたいからと、見世物小屋の人と交渉し 揚羽さんは陰間遊楼に移る事になったのです 大金を払える客なら、老若男女問わず客を取らさられる日々が始まって 揚羽さんの心はどんどんどんどん、冷めていくのです だけど、お利口さんを演じ続けるだけが揚羽さんではないので 陰間遊楼の仲間と居る時はやんちゃだし、割と兄貴肌で下っ端の面倒見も良いのです あ、他の陰間達は皆普通の人間です お客には敬語だけど、どこか嫌味ったらしかったり態度がでかかったり ただ仕事はちゃんとこなします あまりにも下手くそ(何がとは言わない)なお客には 「このヘタレが!」とか言いながら蹴りを入れて、後でこっぴどく叱られることも多々有り まるで昼ドラ並みにお金と欲とでグルグルした、揚羽さんの日々 開き直って諦めた上で、利口な生き方を選び、なるようになれと それでも心のどこかで、無くしきれないモノを、揚羽さんは夢見ているのです。Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.