pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"幻影", is tagged with 「アーマードコア」「ラスボス」 and others.

地上への帰還を果たした人類は企業を中心とした地上開発プロジェクトを推進、地上の隅...

雀RX

幻影

雀RX

8/8/2011 19:07
地上への帰還を果たした人類は企業を中心とした地上開発プロジェクトを推進、地上の隅々までの捜索と地図の制作、人類が生存可能な地域の開拓を目指し、数多くの調査隊が組まれ世界中に散っていった。 やがて情報が集まるにつれ、侵入不可能な地域があることが判明する。その地域に足を踏み入れた途端、攻撃衛星による...Keep reading
地上への帰還を果たした人類は企業を中心とした地上開発プロジェクトを推進、地上の隅々までの捜索と地図の制作、人類が生存可能な地域の開拓を目指し、数多くの調査隊が組まれ世界中に散っていった。 やがて情報が集まるにつれ、侵入不可能な地域があることが判明する。その地域に足を踏み入れた途端、攻撃衛星による猛烈なレーザー爆撃で殲滅される。仮に衛星砲の攻撃を乗り切っても巨大兵器や、かつての「管理者実働部隊AC」を思わせる謎のロボット兵器によって蹴散らされる。巨大な軍事力を有する企業複合体ですら越えられないその地域は、いつしか不可侵領域扱いされ「サイレントライン」と呼称される。 企業を始めとした各勢力の争いが激化する中、サイレントラインへの注目が高まっていく。そして「レイヴン」と呼ばれる職業傭兵である主人公もサイレントライン絡みの「仕事」が目立つようになり、やがてサイレントラインと深い繋がりを持つ謎の組織「AI研究所」に関わる事になる。 一様にサイレントラインへの侵入を誘うかの如き行動を見せるAI研究所。まるで主人公を始めとしたレイヴンの実力を試すように襲撃を仕掛ける謎の兵器群。これらの事柄を考慮したか、もしくは何時もの如き利権を求めてか、各企業は遂にサイレントラインの攻略に踏み切る。 あっけなく散っていく企業の部隊。力尽き倒れるレイヴン達。膨大な血と鉄塊を乗り越えて、主人公はサイレントラインの中枢への突入に成功。そこで主人公はAI研究所連中の正体たる、かつての管理者を思わせるコンピュータと対峙。サイレントラインの真実たる崩壊した超巨大地下複合都市で、主人公はコンピュータが直接操作する人型兵器と交戦。 激戦の果てに主人公が勝利、コンピュータは彼にメッセージを託して崩れ落ち、自壊した。 「―…ここまでが、私の役割。レイヴン、あとは貴方の役割」 おそらくあの崩壊した地下都市の管理者だったコンピュータが主人公に何を伝えたかったのか、何を託したかったのか、諸説様々である。いずれにせよ、その日を境に攻撃衛星の無差別攻撃は止まり、無人兵器群の襲撃も無くなった。  ●管理者(illust/20822291)Close
雀RX8/12/2011 13:51STR様>確かにセラフやラスジナと比べて、IBISは「強い」って話はあんまり聞きませんねェ…( ´Д⊂ヽ STR8/11/2011 21:20800マシ&フロートで舐めプレイ出来るってのがなぁ…… 雀RX8/11/2011 04:47Rene.F.Nest様>「あなたの役割」が果たしてAC3管理者のような「人類自身の力で生き抜いて欲しい」的な思想なのか、迎えに来たヘリが近づく中で一介のレイヴンでしかない主人公が何を考えてたのか、フロム脳が尽きることはありませんwww 雀RX8/11/2011 04:44nakau様>本編の判断材料が少ない故どうしてもフロム脳に頼らざるを得ないのですが、AC3SL管理者隠れ蓑のAI研究所がまるで主人公達を誘ってるかの如き不可解な行動等…。システムを止めてもらいたかったのは違いないのかなァと思いますが。 8/10/2011 23:11XA-26483・・・レイヴンは、この後に何を見て、どう行動したのか。『あなたの役割』をどのように果たしたのか・・・。一説には最終ミッション後に生還は確認されなかったとも言われていますが・・・。私のフロム脳回転数じゃ限界ですw nakau8/10/2011 21:59すいません長すぎましたw<機体構成の禍々しさと行動の不一致の差はそういうことかと。フロム脳で失礼しました nakau8/10/2011 21:56個人的な推測ですが、元はDOVEに比べて攻撃的な思想だったのかも知れません。が、おそらく自分のレイアードが滅びたのを切っ掛けに何かしら後悔していたのかもしれませんね。最終決戦は機体性能に比べて動きに本気を感じないプレイヤーも多かったようですしセリフからもそうですが。機体構成の禍々 雀RX8/10/2011 04:44nakau様>ご指摘ありがとうございます、修正しました(ノ∀`)やっぱちゃんと確認してから書けばよかったOrz …それはさておき、AC3管理者兵器とAC3SL管理者兵器はデザインも異なってますねェ。考え方の違いでしょうか。 nakau8/10/2011 02:16ネクストでも通用するデザインですよねIBISってw。あと、いまさらかもしれませんが、「―…ここまでか、私の役割・・・」は「―…ここまでが、私の役割」でした。気になったので一様本編確認しておきました 雀RX8/9/2011 04:42相川様>今回は『AC3SL』ラスボスですw資料が少なく描くのが大変でした(ノ∀`)『ACMOA』&『AC2AA』ラスボス・ナインボール=セラフのセルフリメイクみたいな感じの敵です。 あいかわ よう8/8/2011 22:21嗚呼、格好いいです! いかにもロボット然とした足の関節の付き方とか、これぞ! という魅力に満ちています。黒いのも燃えます! 雀RX8/8/2011 19:31KEI様>誤字直しました(ノ∀`)教えて下さってありがとうございますww3・3SLとNX三部作はパラレル説もありますが、本質は同じだろうと思います。とりあえずSL管理者は3管理者と同じく、人類は己の意志で旧技術などに頼らず生きて欲しいと願ったと思います。 KEI8/8/2011 19:24説明文中にサイレントタインという誤字がw KEI8/8/2011 19:23SLの管理者は本当に一体なにを託したかったのか、当時3SLでは分からなかったが後のNXで起きた特攻兵器による殲滅行為が起きることを暗示していたのかなと私なりに考えているが真実はどうなのだろか・・・まったくこういった断片的な情報しかないとフロム脳が良く活性化するよw
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.