pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"ゴー!トラビ、ゴー!", is tagged with 「落書」「トラバント1.1」 and others.

今回は久しぶりに共産圏の車。 ■トラバントは旧東ドイツ・VEBザクセンリンク社が...

こんぶだし

ゴー!トラビ、ゴー!

こんぶだし

8/14/2011 20:07
今回は久しぶりに共産圏の車。 ■トラバントは旧東ドイツ・VEBザクセンリンク社が製造していた小型大衆車です(ちなみにトラビを製造してた工場は元々アウトウニオンの高級車部門「ホルヒ」の物だったというのはなんとも皮肉)。共産主義の計画経済の中、大掛かりなモデルチェンジはスキンチェンジ一度のみ(P50...Keep reading
今回は久しぶりに共産圏の車。 ■トラバントは旧東ドイツ・VEBザクセンリンク社が製造していた小型大衆車です(ちなみにトラビを製造してた工場は元々アウトウニオンの高級車部門「ホルヒ」の物だったというのはなんとも皮肉)。共産主義の計画経済の中、大掛かりなモデルチェンジはスキンチェンジ一度のみ(P50・P60→P601。一般的に有名なのはP601の方)で30年の長いモデルライフを過ごした為に、モデル末期にはもはや西側大衆車との差は埋められないものになっていました。また、経済悪化に伴い、FRPボディに紙繊維を混ぜたり仕上げを悪化させたりしたため「ダンボール製」という汚名を着せられたりもしました(ちなみに「どうしようもないダメ車」の意味で「紙屑」と言ったのを聞いた人が真に受けたという説もあるそうで)。ほかにも「ヘッドライトのハイ・ロー切替スイッチがライトユニットに直付け(MASTERキートンでネタにしてた)」「計画生産のため納車まで数年~十数年待たされた(需要の増加に対して生産量を増やさなかったらしい)」など、ネタに事欠かないので西側でもっとも有名な東側大衆車かもしれません。 ■そのトラビーの歴史の最後を飾ったのがこの「トラバント1.1」です。東西統一後に登場し、各部に一応近代化の図られたこの車は、エンジンが通常の600cc・2ストローク2気筒エンジンからVWポロ用1.1リッター4気筒へと換装され、フロントにディスクブレーキを装備、バンパーやグリルがプラスチック製へと変更されていました。結局古すぎる基本設計は如何ともし難く、車両価格も跳ね上がってしまったためわずか1年の生産期間の後、トラバントの歴史とともに製造が終了しました。 ■ってなわけで前から描きたかったトラバントの、ちょっとひねり技?を描いてみました。性能的には西側に適わないとしても、この愛らしいルックスには何か誘われるものがありますね~ ちなみにタイトルは91年製作のトラビー映画からとっています。 ■※追記 今更ながらキャプションなげぇ…Close
こんぶだし8/16/2011 13:12お~、確かに同じですね! 歌詞やPVに車が出てくるというのはよくありますが、バンド名が車名からとられてるのは珍しいですね。 月兎8/16/2011 00:27アルバムのロゴが、トラビのエンブレムと同じだと思うのですがどうでしょう? http://t.co/RUd772T >バンド こんぶだし8/15/2011 23:52コメントどうもです! ヴァルトブルグのはゴルフ用1.3リッターだったようですね~ 某テーマパークの件は結構有名なんですかね?私は知らなかったです・・・ そのバンド、由来は車なのか元の意味のほうなのか気になります。 そういえば聞かなくなりましたね。ヘルパはどうしちゃったのか・・・ 月兎8/15/2011 23:05確かヴァルトブルグもポロのエンジン積んでいたような…。違いましたっけ? 某テーマパークのトラビはノスヒロで読んだことがあります。未だに車検通せないようで…。ちなみにアイスランドにはトラバントというバンドがいました。ファンはまだ多いですね。そして復活話はどうなったのでしょう? こんぶだし8/15/2011 22:59コメントどうもです! 実際表面処理が雑でボール紙ぽく見えるらしいのも原因のひとつでしょうね。 意外と日本にも生息しているんですかね・・・? 次の時代へ生き延びるつもりが、それが価格高騰を招いて・・・ってところが寂しさも感じさせます。 M_lithix8/15/2011 21:33それにしてもダンボール製って噂は結構広がってますよね。 実際のデュロプラストってなんかかっこいい名前なのに。 そういえばむかーし某テーマパークに展示してあったトラバントを見たことあります。イラストの1.1って最後の悪あがきって感じで憎めないですね。 こんぶだし8/15/2011 00:20コメントどうもです! おおっ?!それは初耳です! 混合ガソリン式空冷2スト→ガス検NG、50年代設計ボディ→衝突基準NG・・・とかですかね?通そうとしたら別の車になりそう・・・ この1.1なら排ガスはいけそうですが、車体は如何ともしがたいですね スーチャー8/14/2011 23:59トラバントって福岡市内に飾ってますよね?輸入したはいいが、保安基準が色々通らなくて車検が入れられない、って訊いたんですが・・・。なんだかなぁ・・。 こんぶだし8/14/2011 21:36トラビーですね~ 普通のP601も捨てがたいですが、ちょっとマイナーそうなこっちにしてみました。 自由工作じゃないんだから・・・って話ですよね。 ヴァルトブルグ、同じくDKWの技術を使っていて1クラス上でしたね。あのカクカクボディがステキです。 スク水好きな人8/14/2011 20:11新着ぅぅ!!トラビーですか!個人的にダンボール製という響きは少しばかり酷いですよね。繊維を使ってるだけでダンボールで出来てるわけではないのに・・・・・。それと兄弟に当たるヴァルトブルクは影が薄いですよね。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.