pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"【グレネード】戦争の歴史にみる世界各国の手榴弾【フラッシュバン】", is tagged with 「銃」「フラッシュバン」 and others.

手榴弾(グレネード)は、爆発により生じる破片で目標を殺傷する武器である。手榴弾が...

Bohemian

【グレネード】戦争の歴史にみる世界各国の手榴弾【フラッシュバン】

Bohemian

8/29/2011 18:32
手榴弾(グレネード)は、爆発により生じる破片で目標を殺傷する武器である。手榴弾がいつ開発されたのかは諸説があるが、少なくとも13世紀の元寇でモンゴル軍が「てはう」という名前で使用していた事が文献に残されている。近代に入るとナポレオン率いるフランス軍が積極的に利用し「グレネーディア-擲弾兵」という...Keep reading
手榴弾(グレネード)は、爆発により生じる破片で目標を殺傷する武器である。手榴弾がいつ開発されたのかは諸説があるが、少なくとも13世紀の元寇でモンゴル軍が「てはう」という名前で使用していた事が文献に残されている。近代に入るとナポレオン率いるフランス軍が積極的に利用し「グレネーディア-擲弾兵」という兵科が誕生した。手榴弾は第一次大戦以降劇的に進化し、数多くの亜種が世界中で開発された。では順に左から見ていこう。一番左の木の柄が付いた手榴弾は、第二次大戦でドイツ軍が使用した「柄付き手榴弾-ポテトスマッシャー」だ。遠投用の木の柄は取り外す事が出来、状況に応じて手榴弾を小型化できた。それら小型化した手榴弾を繋ぎ合わせ「収束手榴弾」という対戦車用の手榴弾に改造できた。二番目はアメリカ軍で幅広く使用された「弾殻手榴弾-パイナップル」だ。この手榴弾は爆発時に効果的に破片が飛び散るよう表面に弾殻が設けられており、これが周囲に飛び散る事で目標を殺傷する。第二次大戦の南方諸島やベトナムのジャングルなど、敵を判別できない戦場で広範囲に破片を撒き散らすように設計された。映画のように爆発時に炎が立ち上ったりはしない。三番目は現在のNATO軍で使用されている「破片手榴弾-フラッググレネード」だ。現代の軍隊で使われている最も標準的な手榴弾で、TNT火薬を材料としている。TNTは汎用性が高く、湿気に強く環境を選ばず確実に作動する為、手榴弾に最適とされた。破片手榴弾は有効範囲内の相手を確実に殺傷する為に用いられる。その為、遠くに破片が飛び散らず、破片がある程度収束して狭い範囲に飛び散るよう設計されている。殺傷範囲は5メートル程と狭いが、この範囲内にいる人間を確実に殺害する威力を持っている。最後は「閃光手榴弾-フラッシュバン」だ。閃光手榴弾は「非殺傷性兵器」の一種で、目標を無力化するのに用いられる。マグネシウムやアルミ、酸化剤で出来た混合薬に着火し、瞬間的に閃光と大音響を発して目標の見当識を失わせる効果を持つ。閃光手榴弾の炸裂を浴びた人間は視力と聴力を失うと共に三半規管が崩れて見当識が狂い、少なくとも10秒は前後不覚の状態に陥る。元はイギリスSAS特殊部隊が対テロ作戦用に開発した物で、現在では世界各国の治安機関や軍隊が突入作戦や群集のコントロールの為に使用している。Close
bellwood3/22/2015 20:39良く歯でピンを抜く描写が有るんですけど、実際はかなり硬くて難しいらしいですね 20番8/30/2011 03:04兵隊は軽々放り投げてるけど結構重いんだってな コケラ8/29/2011 19:30ほぅほぅ・・・・手榴弾も日々進化しているのか… Bohemian8/29/2011 19:03手榴弾を遠くに投げるコツは砲丸投げと同じように、上半身の筋肉をバネのようにしならせる事だそうです。40m投げられれば一人前だとか。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.