pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"少年。", is tagged with 「少年」「1972年」 and others.

ズボンのほころびを二三日放置してたら、隣の女子が少年の手のひらにメモを大書すると...

いっとうさい

少年。

いっとうさい

9/1/2011 02:38
ズボンのほころびを二三日放置してたら、隣の女子が少年の手のひらにメモを大書するという実力行使に出た。コンコルドがどんだけ速いとか、零戦がどんだけ強いとか、ベトナムでミグがどんだけ善戦してるとかでいっぱいだった少年のアタマの領域が、なぜかいつしかだんだんと隣の娘に浸食されていくのであった…。(この...Keep reading
ズボンのほころびを二三日放置してたら、隣の女子が少年の手のひらにメモを大書するという実力行使に出た。
コンコルドがどんだけ速いとか、零戦がどんだけ強いとか、ベトナムでミグがどんだけ善戦してるとかでいっぱいだった
少年のアタマの領域が、なぜかいつしかだんだんと隣の娘に浸食されていくのであった…。

(このイラストはフィクションです一応)Close
いっとうさい9/3/2011 21:40この少年、今は中1ですがこの後アタマの中をブンブン飛んでるヒコーキの数も増え、なおかつ隣の娘の占める割合も増え…結局こんなオトナになるのですw ひさC9/3/2011 20:39ああ、少年時代から青春時代への入り口ですね。自分の頭の中身はいまだに「ひこーきブンブン♪」ですが。 いっとうさい9/3/2011 19:57おお分かりますか!w なぜかこんな小さな思い出がいつまでも記憶の一部を占めていますのです… Morizo-9/3/2011 15:54うん。これは・・判ります♪ 胸がキュンとくるイラストです。。(^-^) いっとうさい9/3/2011 00:22おお作りますか!福さんの何かに火が着きましたか!! 楽しみに待ってます! 三倉佳境9/2/2011 19:48この話を元に「飛行少年」という曲を作ります・・HOME、モクレンの空 とでアニキ三部作完成。 いっとうさい9/2/2011 12:37>まだら文鳥さん  実際、そういう経験のある方もいるのではいかと思います。危なかったです。いやむしろその方がネタとしては強烈…(←人生をネタにする男) いっとうさい9/2/2011 12:34>鈴木 やまはさん なんでこんなに覚えているかというと、ここだけの話ですが、字を書かれてる時、時々ムネにあたるんです指先が!! いっとうさい9/2/2011 12:31>福さん …生涯サンマルチノでいいですっ!(←ウソです) まだら文鳥9/2/2011 08:51このエピソードだけで16pぐらいの漫画が描けそうですね!!翌日も修繕せずに登校したため「もういいわ!私が縫ってあげるからさっさと脱いで!」みたいな流れになり最後は・・・いや、何でもないです(ゴメンナサイw) 鈴木 やまは9/2/2011 04:01少女はほころびがメッチャ気になったんでしょうな~。少年にとっては黄金のような思い出で…なんか解ります。コロコロ彼女を変えた僕のアニキには無さそうな思いでかと…。 三倉佳境9/2/2011 00:47なろう、なろう、明日はリア充になろう! いっとうさい9/2/2011 00:07>ささきさん そう、みんなこの頃プラモを作って知り合った古い友達みたいなものです。 いっとうさい9/2/2011 00:05>きゅうななさん なんか騒がしい年でしたよね「ま〜その〜」の人が首相になったり、ミュンヘン五輪で男子バレー金メダルとかテロとか。そうか、あの頃きゅうなな少年はちょっとさみしい思いをしてたんですね。 いっとうさい9/2/2011 00:02>ちょいもてさん 皆さんそれぞれ大切にしている小さな話をお持ちだと思います。なぜかいつまでも忘れられないお話が…おおっと!いかんフィクションという事になってるんだったw 危ない危ない ささき9/1/2011 22:48ムスたん、セイバーたん、ゼロたんにおもらしコメートたんまで、なにげにオールスター登場ですなw きゅうなな9/1/2011 22:0272年 札幌オリンピックと浅間山荘の年だ。僕は笑2から症3にかけて帯広で暮らしていた。その1年の後ろ半年が、親爺が肝臓をこわして入院していたので、異様に覚えている年です。学校の帰り「旅の宿」を歌いながら帰っていた変な小学生でした。まだ恋のかけらも無かったでした。 獅子神@関西コミティア F669/1/2011 20:56いっとうさいさんの青春時代の話か~ ええ話じゃのう~。人にはそれぞれ歴史がある。歴史発見! いっとうさい9/1/2011 19:52>はりま屋さん サンマルチノでしたか!発電してましたかw この頃のプロレスはゴールデンにやっていて家族みんなで見てましたね。 いっとうさい9/1/2011 19:46>ばくさん いっちゃいとは。この中のスズメくらいの歳ですなw そんな昔じゃないです昭和47年!今やってるジブリ映画の時代より9年も後の話です!
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.