pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「アステカ漫画「テスココの花」(98年)」 は 「歴史」「アステカ神話」 等のタグがつけられた作品です。

1998年制作の大昔のアステカ漫画。「煙立つ鏡」シリーズの2作目。5作目「皇帝暗...

のすく

アステカ漫画「テスココの花」(98年)

のすく

2011年10月19日 21:21
1998年制作の大昔のアステカ漫画。「煙立つ鏡」シリーズの2作目。5作目「皇帝暗殺」、6作目「人形の宮殿」が、歴史上の人物がからむ時代設定がはっきりした作品であるのに対し、2作目のこちらは、かなりアバウトなコメディ作品。テスココ王も、歴史上の誰という設定はされていません。ハガキ投稿誌に掲載されて...続きを見る
1998年制作の大昔のアステカ漫画。「煙立つ鏡」シリーズの2作目。5作目「皇帝暗殺」、6作目「人形の宮殿」が、歴史上の人物がからむ時代設定がはっきりした作品であるのに対し、2作目のこちらは、かなりアバウトなコメディ作品。テスココ王も、歴史上の誰という設定はされていません。ハガキ投稿誌に掲載されて図書券をもらった思い出の作品。字が読みにくいのが申し訳ないです…。写植を覚えたら再アップするかも…。
【ストーリー】15世紀アステカ帝国。結婚間近の戦士オセロパンの前に、あらわれたるは闇の神テスカトリポカ様。「婚約者と別れてから戦場にいかないと、今度の戦で……死ぬぞ」。不吉な予言の結果は…?閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません