pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「今日の発掘結果(笑)」 は 「小沢さとる」「海洋冒険コミック」 等のタグがつけられた作品です。

以前から続く実家の押入れ遺跡の発掘。今日はサブマリン707の文庫本6巻7巻の2冊...

獅子神 関西コミティアC-24

今日の発掘結果(笑)

以前から続く実家の押入れ遺跡の発掘。今日はサブマリン707の文庫本6巻7巻の2冊他が発掘された。いやぁ、ちょうどアポロノーム事件の話。これもとんでない発想と設定である。すごいわ。超大型空母が3つに分割されてしかも潜水艦になる。さらにその艦底には2隻の潜水艦が合計6隻も搭載されている。父親の意志を...続きを見る
以前から続く実家の押入れ遺跡の発掘。今日はサブマリン707の文庫本6巻7巻の2冊他が発掘された。いやぁ、ちょうどアポロノーム事件の話。これもとんでない発想と設定である。すごいわ。超大型空母が3つに分割されてしかも潜水艦になる。さらにその艦底には2隻の潜水艦が合計6隻も搭載されている。父親の意志を継いでこれを乗っ取った米海軍軍人ケーン・エイモス少尉はエイモスリーグという秘密結社を結成し世界征服を狙う!! サブマリン707、エイモス少尉の野望を打ち砕け!(笑)閉じる
RS52013年2月11日 15:36実は、僕はあれを読んだとき「なるほどね…」と思ったんですよ。もしも「D装置」以外の結末だったら…あの時点でアポロノームに接触していたのは707号だけ。いくらなんでも707号単艦でアポロノームを倒すのは現実的には…。 獅子神 関西コミティアC-242013年2月3日 07:47>RS5さん おはようございます。そうなんです、まさしくそれ!(笑) 当時は「ええ~! なんだよこの結末」と思ったんですが、とにかく急いで終わらせるために考えたネタなんですね・・(苦笑) RS52013年2月2日 19:54「どうやら奴ら、D装置の存在には気付いていないようです。」 [D装置とは「デストラック・ボタン」のことであり、これを24時間に一度セットしないと自爆装置が働く仕組みになっているのである。このD装置こそが、世界の守り神であったのだろうか。]←あっけない結末とはこのことですね。(;^ 獅子神 関西コミティアC-242012年8月20日 20:33>Phoenixさん なんと! そうだったんですか。それは初めて知った衝撃の事実。(笑) 物理的に描けなくなっちゃったんですね。言われてみればそういう理由も当然ありうるわけですね。それにしてもそんなガイドブック?があるとは・・(笑) Phoenix2012年8月20日 06:20アポロノーム編はチーフアシスタントが事故にあって絵が描けなくなってしまい、止む無く中断せざるをえなかったそうです。("サブマリン707パーフェクトガイド"より) 獅子神 関西コミティアC-242012年5月1日 20:49>ささきさん な、なるほど やはり合理性があったんだ。(笑) 小沢先生はいい加減に数字決めたのではなくそれなりに根拠のある数字を書いたわけですね~。さすがです。(笑) 獅子神 関西コミティアC-242012年5月1日 20:46>nanonano38さん 読者はマンガに何を求めるか?荒唐無稽でも読みたい気にさせるのは何か?まさしく「ワクワク感」ですね。そんあマンガ描きたいな~。(笑) 獅子神 関西コミティアC-242012年5月1日 20:42>いっとうさいさん 基礎がしっかりしてるからこそ省略した線で描いてもリアル。線が多ければいいというものではない!(基礎のしっかりしていない私は肩身が狭いです。 笑) マンガは荒唐無稽が一番大事だと思います。青6じっくりゆっくりお楽しみください。 ささき2012年5月1日 04:57>ちょいもてさん 10万トンのニミッツ級乗員が5千名強(船員3200+航空要員2500)だそうですから、33万トンあたり1万人というのは合理的なのでしょう…きっと。 nanonano382012年5月1日 01:49サブマリン707!ちょうどこの「アポロノーム」編まで持ってます(古本屋で10数年前に発見)確かに今の視点から観るとリアルさには欠けますが、続きが気になるワクワク感は大いに感じました!(^^) いっとうさい2012年5月1日 00:47「劇画」のリアルさが漫画の世界にやってきて、いいかげんなメカ描写が駆逐されたのはいいんですがこういう楽しい荒唐無稽さまで無くなってしまったのは残念です。もっとも小沢先生は実際のリアルな艦船を熟知した上でたってたんですけどね。もうすぐ「青6」がじっくり読めますもうすぐ。 獅子神 関西コミティアC-242012年4月30日 07:55>ばくさん そうなんです、冷静に考えたら東京スカイツリーより長いし、3分割するメリットもないと思うんですがそこはそれ、漫画にとって大切な「はったり」ですね。これで読者を疑問を持たさずそのマンガの世界観に引きずり込むのです。(笑) 獅子神 関西コミティアC-242012年4月30日 07:51>鈴木やまはさん そうです。青6では最初の何ページかは青の潜水艦や水上艦艇の図解、青の組織の背景の説明、青の本局と誘導ロボ「ノボ」の詳細な図解などに費やされています。これがまた少年たちの心を鷲掴みしてましたね~。必至で潜水艦を模写してました。(笑) ばく2012年4月30日 05:36全長800mって…泊められる岸壁あるんですかね?3分割するのはムダなスペックな気がするんですが運河とか通過するといいかもしれないね(マテ 鈴木 やまは2012年4月30日 02:13うろおぼえの話ですが「青の6号」では小沢先生は最初の大胆な「各国潜水艦紹介図」で「はああああああああ~しあわせぇぇぇ~」となってしまったとか…。でも当時のノリって凄く良いと思うんです。 獅子神 関西コミティアC-242012年4月29日 22:03はりま屋さん そうなんです。はったりと構想は超絶すげー!なんですけど結末は驚くほどあっけない。結局謎だらけ。どうも小沢先生はあきっぽいのかこういう結末の話が多いようです。青6も結末はあっけなさ過ぎました。大人の事情・・ってやつでしょうか。(笑) 獅子神 関西コミティアC-242012年4月29日 22:01>ささきさん だって解説に書いてあるんだもーん。(笑) ま、アポロノーム1、2、3号それぞれに1万人搭乗してると思えば辻褄が・・ 合わない?(笑) はりま屋2012年4月29日 21:55このエピソードはメカの構想力はスゴかったのですがストーリー的にはあっけない結末だったような記憶があります。 ささき2012年4月29日 21:53乗員三万人…って、ちょっと、おい!(笑)
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません