ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「七夕キセキと黒バスログ」 は 「黒子のバスケ」「青峰大輝」 等のタグがつけられた作品です。

一日早いんですが。帝光3年のときの、黒子が退部する直前くらいのキセキの話です。色...

らいは

七夕キセキと黒バスログ

らいは

2012年7月6日 00:10
一日早いんですが。帝光3年のときの、黒子が退部する直前くらいのキセキの話です。色々時系列がずれてたら申し訳ない…ひとつのifみたいに捉えて貰えたら…このあとに緑間君のお誕生日もねじこもうと思ったんですけど暗すぎたので今度。 残りはログです。赤司さんのピンヒールに踏まれたい。ええ踏まれたいですとも...続きを見る
一日早いんですが。帝光3年のときの、黒子が退部する直前くらいのキセキの話です。色々時系列がずれてたら申し訳ない…ひとつのifみたいに捉えて貰えたら…このあとに緑間君のお誕生日もねじこもうと思ったんですけど暗すぎたので今度。 残りはログです。赤司さんのピンヒールに踏まれたい。ええ踏まれたいですとも。
                ■追加)楽しいものを見つけた黄瀬君はその環境が続けばいいと初めて願って、まわりもそれに共感するけれど、事実彼らのプレイスタイルや青峰自身の葛藤を考えれば多分みんなが同じことを共有は出来ないんだとわかってる。わかってる上での夢だったね、って話。  ■この後待ち構えているのは青峰にとっては「努力するほどの虚無感」だし、黒子にとっては「好きだったものが嫌いになる」までの衝撃だし、各々の努力型天才達のバラバラの道で。けれどバラバラになってもその先でみんなバスケして願い事は叶って、近くに見守ってくれる人がいる現状。みたいな。(投稿後についったでつらつら言ってたことを追記しました。) ■ウオオデイリーとか漫画とかありがとうございます…!地域1位…?!!!ありがとうございました…!!!!!!閉じる
fyo2012年7月7日 21:44素晴らしすぎる……違う学校に行っても、みんな七夕の夜空を見て思い出すことは同じなんだよな!!