フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「思考制御装置『メーティス』解放」 は 「少年」「COMITIA101」 等のタグがつけられた作品です。

西暦30XX年。『暴動』という言葉がこの世界から消えている時代。コンピューターで...

WYX2(yoshiyuki)

思考制御装置『メーティス』解放

WYX2(yoshiyuki)

2012年7月22日 19:32
西暦30XX年。『暴動』という言葉がこの世界から消えている時代。コンピューターで全てつながっているこの国で何の違和感も持たず『個』はその膨大の情報からそれぞれの答えを導きだし『個性』を確立させているように見えた。しかしそれは国の用意した精密な『決められた選択肢』でしかなかった。この『決められた選...続きを見る
西暦30XX年。『暴動』という言葉がこの世界から消えている時代。コンピューターで全てつながっているこの国で何の違和感も持たず『個』はその膨大の情報からそれぞれの答えを導きだし『個性』を確立させているように見えた。しかしそれは国の用意した精密な『決められた選択肢』でしかなかった。この『決められた選択肢』から導きだされたパターンをもとに個人情報は分類され管理されているのである。そう人は抑圧を受ける事無く国に調整されているのである。これを管理しているのが地下深くに眠るスーパーコンピュータ『メーティス』である。この創設メンバーを先祖に持つ少年が家の物置小屋から一冊の書物を見つける。そこには当時その国家プロジェクトに関わっていた先祖の心境と真実が記されていた。少年はその事を知りメーティス解放のため動き出す。書物を頼りにメーティスへの接触に成功、その時メーティスの思考が生み出した一人の少女とともに地下施設から脱出を試みる。その先で彼を待っていたものは果たして、、、。閉じる

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。