pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"零の閃", is tagged with 「零戦」「ミリタリー」 and others.

大戦全期間を通じて海軍の主力を務めた艦上戦闘機。「名機」を越えて、一国とその興廃...

same

零の閃

same

9/11/2012 00:44
大戦全期間を通じて海軍の主力を務めた艦上戦闘機。「名機」を越えて、一国とその興廃を象徴する機体ですね。同じく終戦まで第一線にあったSpitfire、Bf109が大幅に出力を向上させ、開戦時と比較にならないほど強化されたのに対し、最後まで千馬力で闘わざるを得なかった零戦。圧倒的な勝利と無惨な特攻、...Keep reading
大戦全期間を通じて海軍の主力を務めた艦上戦闘機。「名機」を越えて、一国とその興廃を象徴する機体ですね。同じく終戦まで第一線にあったSpitfire、Bf109が大幅に出力を向上させ、開戦時と比較にならないほど強化されたのに対し、最後まで千馬力で闘わざるを得なかった零戦。圧倒的な勝利と無惨な特攻、名機三機の中でも最も波瀾な生涯だったように思います。Close
moricom11/3/2014 21:06もう、これプラモの箱絵! same9/28/2012 23:23デュークンさん 単排気管の処理では零戦が一番無骨な感じですね。黒カウリングと相まって五二型独特の魅力となっている気がします。 デュークン9/19/2012 23:28初めて飛行機を好きになったのが52型でした^^・・・と言ってもその頃は名前すら知りませんでしたが;流麗な機体のシルエットとちょっと無骨な機首の形のアンバランスさが大好きです!飛行機を好きになった時のことを思い出してしまいました^^素敵なイラストをありがとうございます!! same9/16/2012 00:44林 亮太さん このころの飛行機は今より遥かに「道具」だったのかも知れませんね。ベテランほど手に馴染んだものを愛し、若手はあるがままの物を受け入れるように。 林 亮太9/12/2012 16:22ベテランからは忌避された丙型ですが、若手は案外気に入っていたようですね。谷水兵曹とか。光の表現が素晴らしい! same9/12/2012 00:04SeaFurryさん 海外のaviation artsでは黒煙を曳いて墜ちる零戦が定番のように描かれているので、ちょっとした意趣返し、の気持ちがあったかも。 same9/12/2012 00:00安埜雲さん 零戦という存在そのものが当時の日本の有りようとよく重なっており、それだけに印象深いのでしょうね。 same9/11/2012 23:56ささきさん F6Fは知れば知るほどよい戦闘機ですね。生きて帰るためにはこっちを選ぶべきなんだろうなあ・・・ same9/11/2012 23:53イーグルさん、JMJさん 自分も詳しい型式を知る前から零戦、というか日本の戦闘機といったら黒い機首に濃緑の機体、でした。 SeaFurry@表現規制反対9/11/2012 22:00F6Fのコックピットが血の海ですね。 安埜雲9/11/2012 06:27洋戦争での日本の運命そのものだったのかも知れない気がします。 安埜雲9/11/2012 06:26基礎工業技術など欧米に劣りながらも、無理に無理を重ねて生み出された完成された日本の傑作機は、戦歴と飛行時間が世界最高峰のパイロット達と相まって緒戦の日本の勝利に献上しながら、後継機に恵まれず老いた時、歴戦のパイロットを失った日本に勝利は無かったのは太平洋戦争での零戦の運命が、太平 ささき9/11/2012 04:4120mm二号銃×2、13.2mm機銃×3の重火力を受けてもすぐには落ちないF6F・・・強敵!!このあとゼロは得意の左旋回上昇、F6Fは右に捻って急降下離脱で戦闘不成立、「撃破1」になると見ました! JMJ9/11/2012 02:2552 イーグル9/11/2012 02:1452型、アメリカでも大抵はこの機。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.