pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「つぶての丁奉って言う話がありまして。」 は 「丁奉」「徐盛」 等のタグがつけられた作品です。

ウィキより → 民間伝説ではつぶての名手とされる。諸葛亮が丁奉らの元から逃げる際...

淀

つぶての丁奉って言う話がありまして。

2009年2月13日 15:01
ウィキより → 民間伝説ではつぶての名手とされる。諸葛亮が丁奉らの元から逃げる際、腰に提げていた袋の中から鉄のつぶてをとりだして、諸葛亮の船の帆柱に照準を合わせて腕をふりあげると、空気を引き裂くような音がして、黒い塊が帆柱の先めがけてとんでいき、帆を引っ張る滑車に命中し、諸葛亮の船の帆が落ちて諸...続きを見る
ウィキより → 民間伝説ではつぶての名手とされる。諸葛亮が丁奉らの元から逃げる際、腰に提げていた袋の中から鉄のつぶてをとりだして、諸葛亮の船の帆柱に照準を合わせて腕をふりあげると、空気を引き裂くような音がして、黒い塊が帆柱の先めがけてとんでいき、帆を引っ張る滑車に命中し、諸葛亮の船の帆が落ちて諸葛亮の部屋の上に覆いかぶさった。趙雲はあわてて槍先でその帆をどけて諸葛亮を救い出し、船を捨てて岸にあがると東南の方向に逃げていった、という話がある。いまでも廟に祭る丁奉の像にはふたつの鉄のつぶてが握られている。 / まぁ、なんだ、つぶてってこれしかないだろって言うか、私にはこれにしか考えが行き着かなかったというか。何だかんだで演義でいいところばっかりもってく趙雲にムッときててもおかしくは無い・・と思うのは私だけなのかな。余談ですが私は
趙雲もピンクちゃんも大好きです。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません