ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「ボツネタ通りのキミとボク プロローグ」 は 「オリジナル」「超水道」 等のタグがつけられた作品です。

超水道が送る新作ノベル「ボツネタ通りのキミとボク」のコンセプトアートに続きまして...

山本すずめ@ティアち25a

ボツネタ通りのキミとボク プロローグ

山本すずめ@ティアち25a

2012年12月4日 00:20
超水道が送る新作ノベル「ボツネタ通りのキミとボク」のコンセプトアートに続きまして、プロローグ部分のイラストです。★あらすじ★物語の主人公「ぼく」は、とある高校に通う文芸部員。しかし最近は新しいアイデアが浮かばず悶々とする日々。ある日の帰り道、彼は道端で一冊のノートを拾う。描かれているのは、たぶん...続きを見る
超水道が送る新作ノベル「ボツネタ通りのキミとボク」のコンセプトアートに続きまして、プロローグ部分のイラストです。

★あらすじ★
物語の主人公「ぼく」は、とある高校に通う文芸部員。しかし最近は新しいアイデアが浮かばず悶々とする日々。
ある日の帰り道、彼は道端で一冊のノートを拾う。
描かれているのは、たぶん、小説のアイデアと思しき色々なこと。しかし、その文字は薄く消えかけている。
ふと、路地裏から手招きする少女の姿が目に入る。このノートの持ち主か、あるいは。
少女の元へと歩を進めると、少女は背を向けて路地裏の奥の奥へと逃げてゆく。
足は、勝手に少女を追いかける。ローファーがコンクリートを蹴る音が、物音ひとつない路地の隙間に反響する。
静かな追いかけっこ。
「あれ、ここはどこだろう」と、そう思った時には、もう、彼は「ボツネタ通り」の前にいた。

回顧救世主ADV、「ボツネタ通りのキミとボク」。2012年冬コミにてWindows版を限定先行公開予定!

★公式ウェブサイト
http://sww.fool.jp/botsu/index.html閉じる