pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「【主人と従者の激闘】」 は 「東方」「魂魄妖夢」 等のタグがつけられた作品です。

「…幽々子様が突然消えた。」いや、それだけならかまわない。私たちには主人と従者と...

鷹763

【主人と従者の激闘】

鷹763

2013年1月4日 23:27
「…幽々子様が突然消えた。」いや、それだけならかまわない。私たちには主人と従者という関係を超えた信頼があるし、何よりもそんなことは日常茶飯事だからどうでも…いや、幽々子様には考えがあるのだろう。だから私は信じている。私が大切にとってあったお団子を、私がとっておきのお茶で楽しもうとした私のささやか...続きを見る
「…幽々子様が突然消えた。」
いや、それだけならかまわない。私たちには主人と従者という関係を超えた信頼があるし、何よりもそんなことは日常茶飯事だからどうでも…いや、幽々子様には考えがあるのだろう。
だから私は信じている。私が大切にとってあったお団子を、私がとっておきのお茶で楽しもうとした私のささやかな楽しみを幽々子様が奪うはずがない…だから…。
「どこに行ったの…私のお団子……と、あのクソご主人様…」

『今、主人と従者の血で血を洗う戦いが始まる…』

※色塗りはもう少し先です閉じる