pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"ダインとノヴァの末裔落書き", is tagged with 「聖戦の系譜」「アリオーン」 and others.

FE 聖戦の系譜より、アルテナ、リーフ姉弟とトラバント、アリオーン父子。因縁の組...

たいらの ふうこ

ダインとノヴァの末裔落書き

FE 聖戦の系譜より、アルテナ、リーフ姉弟とトラバント、アリオーン父子。因縁の組み合わせです。けれども、百年程前(FE ではこの数字が良く出ますね。何故百年前に拘るのでしょう?)にダインとノヴァの兄妹により建国された国の王族ですから、親戚同士で争っていたことに。事情ありとは言え、正直不毛。確か小...Keep reading
FE 聖戦の系譜より、アルテナ、リーフ姉弟とトラバント、アリオーン父子。因縁の組み合わせです。けれども、百年程前(FE ではこの数字が良く出ますね。何故百年前に拘るのでしょう?)にダインとノヴァの兄妹により建国された国の王族ですから、親戚同士で争っていたことに。事情ありとは言え、正直不毛。確か小説版の一つではトラバントの王妃はキュアンの姉という説がありました。もしそれが公式だとすればアリオーンとレンスター姉弟はいとこ同士。もっと近しい血縁者となります。トラバントがアルテナを助けたのはそこまで悪人でなかったことと血縁者だったからかも。レンスターに比べてトラキアは貧しい国。トラバントは劣悪な環境の中でかなり頑張りました。一概に悪人とは言えないと思います。綺麗事言ってられるのは、その人が恵まれているから。もし貧しい国に生まれていたら、ネットはおろか、教育を受けることもただ生きて行くことさえままなりません。リーフ君にとっては両親の仇でも、トラキアの国民にとっては偉大な王。後世、トラキアへの進攻は侵略者という面が隠され、ただ解放としか記述されないかもしれません。しかしこの戦争は明らかに侵略です。勧善懲悪など物語の中にしか存在しない絵空事。悪とは何か、を考えさせてくれる奥深い作品だからこそ、わたしはFE が大好きなのです。トラキアがマケドニアと重なるから、という面もあります。悪とされる者にもそれなりの理由があるはず。リーフ君はトラキアを統一しますが、その件について良く考えて欲しいもの。CP はティニーとの通い婚に惹かれますね。此方も確執大なので、反対派は多い為何年も後になるのでしょう。また茨道…(笑)。それからアリオーン×アルテナは本命です。旧トラキアを二人で治めて欲しいと願って止みません。その方が統治し易いかと。反乱者に担ぎ上げられる可能性もありますが。トラキア776は終了直前でデータが全て消えてしまい、ED を見てないのですが、どうなったのでしょう?ただリーフ君は聖痕持ってませんので、その次はどうなるか悩みの種になると思います。アリオーンとアルテナの子どもに譲るのも一つの手ですね。兎に角皆真面目。彼女たちの幸いを祈ります。Close
たいらの ふうこ4/5/2013 21:29さとし様、コメントありがとうございます。リーフをないがしろに扱ったつもりは毛頭ございません。聖痕のことを考えるのなら、それも一つの道だと思っただけです。こちらこそ、よしなに。 さとし4/5/2013 20:08明)。厳しい事も結構書きましたが、私も聖戦を愛する人間の一人です。今後とも宜しくお願いします。 さとし4/5/2013 20:07聖戦はトラバントを初めとして敵方や脇役にも魅力的な登場人物が多い物語でした。ただ、彼らと同じかそれ以上に努力や葛藤を重ねてきた主人公のリーフを蔑ろに扱うのは、本末転倒だと思います。(ドリアスを初めとする仲間の犠牲を払ってまで勝利を掴んだのに、アリオーンの子供に王位を譲るとか意味不 たいらの ふうこ3/18/2013 22:13やたろう様、此方でははじめまして。コメントありがとうございます。確かにFE は神話関係の名前が多いですね。ケルト神話中心とのことですが別系統もあるのでやや統一性に欠けるきらいがあります。其処ら辺りがちと残念( ̄^ ̄) やたろう3/18/2013 22:00FEとは懐かしいですね。アレスやアルテミスにゆかりがある土地と同じトラキアと言う単語を見たとき、このシリーズにもギリ神を元ネタにしたような描写がいくつかあったのを想い出しました。時間がある時にでも共通点を探しても楽しそうですよね。 たいらの ふうこ3/17/2013 20:54みゆ様、さとし様、コメントありがとうございます。コメントがこんな数多くになったのは初めてで驚いてます。キャプも真剣に読んで下さって感謝です。本当にFE という作品は愛されてますね(*^^*)辛辣なことを書いても愛あればこそ。皆幸せが一番です。 さとし3/17/2013 17:40だからこそ、戦時での立場は違えど、トラキアの繁栄を心から望む志を同じくしたアリオーンは、戦後のリーフ王の統治においても戦力になったのかも知れない。 さとし3/17/2013 17:37血筋と言うなら、(傍系とはいえ)リーフもノヴァの血を引くキュアンの長男ですからね。リーフも自分の戦果がナンナやフィンを初めとする仲間達の支えあっての物である事を一番理解しているはず。何より、死の危険と隣り合わせの幼少時代の中でトラキアの人民の生の姿を見てきた訳ですから。 みゆ・3/17/2013 15:57綺麗事を言えるのは恵まれているから…それも同意します。恵まれている方の口だけの綺麗事ほど不愉快なものはありません。ふうはくき様の書いてらっしゃることは個人的に共感がとても持てました。 たいらの ふうこ3/17/2013 15:56ぷく様、いつもありがとうございます。アリオーン×アルテナは上手くいって欲しいですね。アルテナはやはりトラキア王女として育てられた故にともに統治にあたってくれるとリーフ君も助かるのでは?トラバント王について同意して下さって嬉しいです(*^^*) みゆ・3/17/2013 15:51ふうはくき様、キャプションに同意します。確かにこの世に勧善懲悪などあり得ません。戦争が起こればどちらも己の正義のために戦う、守るために戦うどちらが悪いなど、後世の誰かが勝手に決めることです。自分もトラバントは悪だとは思いません。国を守るために敵を討つ。それだけだったはずです。 たいらの ふうこ3/17/2013 15:51→誤送信失礼しました。犠牲や軋轢は絶対にあるはず。賢王と呼ばれたからと言っても「玉座は所詮血で購うもの(by十二国記)」。後世の評判が良いからと大団円は絶対無いというのが個人的意見です。 たいらの ふうこ3/17/2013 15:41→上手くいく、ということは現実的には有り得ないでしょう。犠牲や軋轢は皆無な訳 たいらの ふうこ3/17/2013 15:36さとし様、又々コメントありがとうございます。リーフ君は努力して統治したと思いますよ(*^^*)そうでなければ犠牲になった人々が報われません。神器を持たない彼だからこそ戦争後どうなったか気になるのです。ただ何もかも ぷく3/17/2013 13:05続き→ことを祈ります。アリオーンとアルテナ、個人的に結ばれて欲しかったです。 ぷく3/17/2013 13:03アルテナ好きだったので、(女の子キャラは女竜騎士が好きなんです。)素敵なイラストに出会えてうれしいです。トラバントは私もただの悪人には思えませんでした。彼は自国と民のために頑張ったと思います。トラキアのゲームは未プレイでわかりませんが、トラキア・レンスターが平和に暮らせる世になる さとし3/17/2013 12:35ていうか、大陸統一の最大の功労者であるリーフでなくては、民衆は新トラキア王国の王として認めないはず。リーフが後世から賢王として語り継がれた事からは、南北問題を抱えたトラキア大陸を実践的政策で以て治めた、リーフの努力と頭の良さが垣間見得る。 さとし3/17/2013 12:29神器を持たないリーフがトラキア統一の最大の功労者になった点こそがトラキアにとっての最大の意義だと思われる。(ナーガ直系ではないセリスが王となったグランベルも然り)
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.