pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「惑星ヒルス海戦」 は 「アルキデス級イージス航空戦艦」「くさなぎ型イージス戦艦」 等のタグがつけられた作品です。

この海戦は2054年に起こった惑星ヘラクレスからの巨大パルスレーザー照射によって...

黒ライダー

惑星ヒルス海戦

黒ライダー

2013年6月28日 11:59
この海戦は2054年に起こった惑星ヘラクレスからの巨大パルスレーザー照射によってシドニーが壊滅状態に陥ったことと、惑星ヒルス付近を航行中だった地球側の商船がヒルス軍の戦艦に攻撃され、撃沈されたことに対する報復措置として地球からワープで派遣された戦艦くさなぎを旗艦とする連合艦隊と、ヒルス海軍の艦隊...続きを見る
この海戦は2054年に起こった惑星ヘラクレスからの巨大パルスレーザー照射によってシドニーが壊滅状態に陥ったことと、惑星ヒルス付近を航行中だった地球側の商船がヒルス軍の戦艦に攻撃され、撃沈されたことに対する報復措置として地球からワープで派遣された戦艦くさなぎを旗艦とする連合艦隊と、ヒルス海軍の艦隊が行った海戦である。ヒルス海軍は前弩級戦艦6隻を迎撃のため派遣したが、多国籍統合軍はくさなぎ型イージス戦艦1隻、アルキデス級イージス航空戦艦1隻、りゅうそう級駆逐艦1番艦「りゅうそうⅡ」と2番艦「うめがしま」の2隻、画像では映っていないものの、天城級駆逐艦も1隻派遣されており、戦力の差は明らかであった。まず最初に両軍は単縦陣を形成したが、そのつぎ、連合艦隊所属のりゅうそう級駆逐艦から艦載ヘリが飛び立った。これは威圧を行うためであったとされる。ヒルス艦隊はそれでも撤退を行わなかったため、連合艦隊はT字戦法に切り替えた。イージス戦艦2隻がトマホーク改対艦ミサイルを、駆逐艦2隻がハープーン改対艦ミサイルを発射。さらに距離が近づいたため、これに続いてイージス戦艦2隻は主砲と副砲を、イージス駆逐艦も小口径ではあるものの、主砲をそれぞれ発射している。ヒルス艦隊の前を横切る形であった連合艦隊は対艦ミサイルと艦載砲を最大限に生かしたが、対するヒルス艦隊は前甲板の兵装しか使用できなかったため、4隻が一度に撃破されている。生き残った2隻は逃亡を開始したが、速力でも連合艦隊のほうが10ノット以上も速く、逃げることも、間合いをつめることも出来ず、一方的な攻撃を受けたため、1隻が爆沈、もう1隻は拿捕された。この海戦ではヒルス軍は一方的な被害を被ったため、1日で降伏。この後のヒルス軍の報告では「地球はすでにものすごい軍艦を装備しており、旗艦の優秀な艦長による戦術で我々を一方的に攻め倒した。」と記載されている。一方の地球側では「こんな海戦はめったになく、最新鋭のりゅうそう級駆逐艦もあくまで頑丈な装甲を持つ戦艦ではなく駆逐艦であるので、弾が1発でも被弾したらこちらにも被害が出ていた。この駆逐艦の装甲はあくまでもレーザー兵器にしか通用しない。だが、イージス駆逐艦にも被害がなかったのは機動力の高さがあるからだ。」と戦艦の頑丈さと駆逐艦の機動力を評価していた。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません