pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"あめまち", is tagged with 「街灯」「卓袱台」 and others.

「母さんが迎えに来てくれるかもしれない…」          ※いつも閲覧して頂...

m_kato

あめまち

m_kato

9/4/2013 19:55
「母さんが迎えに来てくれるかもしれない…」          ※いつも閲覧して頂きありがとうございます。評価やブクマにはとても励まされています。コメントやブクマコメント、とても楽しみにしています!これからも宜しくお願いいたします。追加タグ、有難うございます。とても感謝しております!
m_kato9/6/2013 19:21九州男児さんありがとうございます!構図は鉄道の配置なども含め色々考えて現在のようになりました。3人分の食卓は特に意識しなかったんですが言われてみれば確かに3人家族用ですね^^; 無意識にそういう思いが有ったのかも知れません。家族は仲良く!ですね^^ 九州男児9/6/2013 01:56斜めの構図が少女の心の不安を見事に表現してあって味な事をされるなと思いました!ちゃぶ台の上の物(細かく描いてあってびっくり)を見るからに3人家族なんですかね。子供頃、親が夫婦喧嘩して母親が家を出て行った時の事を思い出しました。すぐ帰って来ましたがw m_kato9/5/2013 22:36OZAさんありがとうございます!ご感想を頂いた通り「待ち人」は来るかどうかわからないし、この世にいるかどうかさえ定かではありません。それでも待ち続ければ道は続く訳で、待つのをやめた時、この道は途絶えてしまいます。そういう事ってありますよね。 OZA9/5/2013 22:18このまま永遠に続くと思われるような通路はそのまま「少女」が「どれ程待ったか」を表しているようでいて、それでいて「少女」の「待ち人」が来るかどうかも「確信」がある訳では無い-(こちらから見た)「少女」の立ち位置と霧がかった空間がそれを物語っているように感じました。 m_kato9/5/2013 19:38gb2さんありがとうございます!ご指摘の通り視界の果てまで続く何か(線路や玩具など)をモチーフとして描きました。「見ていると落ち着く」絵「その中に入り込んでいってしまうような不思議な」絵を描きたいと思ってるので、ご感想嬉しかったです。 m_kato9/5/2013 19:37サオトメリネンさん、ありがとうございます。童謡「あめふり」の中の幸せそうな「ぼく」の一方で「やなぎのねかたで」泣いていた子はどんな(境遇の)子なんだろうと、子供の頃とても気になっていました。この絵はその時の思いの続編のようなものかも知れません。 m_kato9/5/2013 19:36nobodyさんありがとうございます。透明感あふれるとのご感想、嬉しいです。少女はどんな事を思っているかとかは、作者ながら気になるところで、色々想像して頂けたら有り難いです。 gb29/5/2013 00:37遠くで走る列車が気になる!と橋の上に点々と置かれるちゃぶ台と玩具・・・眺めてると何となく落ち着いてきますっ お団子等つまみながら、どこまでも奥へ進んでみたい衝動が湧いて来て、不思議な感じがする一枚ですなー  ミナミユウロ9/4/2013 23:19一点パースの鋭い構図と、傘をさした寂しげな女の子、等間隔に配置された卓袱台とおもちゃ…幻想だと解っていても不安感が煽られます。幼い頃の思い出にダイレクトに訴えかけてくる名作だと思いました。 nobody9/4/2013 23:15透明感あふれる幻想的な絵ですね。とっても素敵です。^^ 少女は雨の中、何を思いながら母を待っているのでしょう・・・
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.