pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"一筆啓上 輪廻が見えた", is tagged with 「伊豆野由宇」「栗尾根由紀」 and others.

都内にあるバーと喫茶店を兼ねた店あった なぜか看板は出ていず 客もほとんど寄り付...

相摸屋 分三郎

一筆啓上 輪廻が見えた

相摸屋 分三郎

11/28/2013 21:15
都内にあるバーと喫茶店を兼ねた店あった なぜか看板は出ていず 客もほとんど寄り付きそうにない店だった そこに二人の青年が入っていった 由紀「いらっしゃい・・ヒロト!」ヒロト「やあ 久しぶりだね!」リュウジ「男子三日あわざれば活目して見よってね!元気そうじゃない」由紀「リュウジまで・・・二人とも立...Keep reading
都内にあるバーと喫茶店を兼ねた店あった なぜか看板は出ていず 客もほとんど寄り付きそうにない店だった そこに二人の青年が入っていった 

由紀「いらっしゃい・・ヒロト!」

ヒロト「やあ 久しぶりだね!」

リュウジ「男子三日あわざれば活目して見よってね!元気そうじゃない」

由紀「リュウジまで・・・二人とも立派になったわね・・当たり前か 今は吉良財閥の社長とその秘書だものね」

ヒロト「君がここで店をやってるって聞いたものでね 最近忙しかったけど ようやく仕事が終わるめどがついたので寄ってみたんだよ」

由紀「そうだったの・・」

リュウジ「それにしても驚きだよね ここで店を開いてたなんて 何かの縁があったの?」

由紀「それがね・・私 就職のときに昔のことを知られてしまったの そしたら内定を断られて・・もう何社も断られたわ」

ヒロト「そうだったのか・・悪いね 辛いこと聞いて」

由紀「いいの 仕方ないことだから」

リュウジ「いるんだよね いつまでも昔のことを穿り返してくるやつってさ 取引先にもいるんだよ まったく人の噂も七十五日って・・・」

ヒロト「緑川!」

リュウジ「はい すみません社長!!」

由紀「くすっ・・なんだかそこは昔のエイリア学園みたいね」

ヒロト「しかたないさ そうやって人から後ろ指を差されようと そういう道を選んだのは僕らなんだ これは僕らが一生背負っていかなけりゃいけない業なんだ」

由紀「そうね・・大切な人のためとはいえ 私達取り返しのつかないことしちゃったもんね」

リュウジ「うん 罪を償うため僕らも慈善事業には積極的に取り組んでいるんだよ そのおかげで大分僕らに対する風当たりも弱まってきたけどね もし困ってるなら相談してくれればよかったのに」

由紀「ヒロトたちに迷惑掛けちゃいけないと思ってね」

ヒロト「由紀らしいね その優しいところ嫌いじゃないよ」

リュウジ「あ 話の腰折っちゃったけどさ それで誰かの縁で店を引き継いだのかな?」

由紀「ううん 最初はアルバイトの面接に行っただけだったんだけど そこでいきなり店長に抜擢されちゃって」

ヒロト「いきなり店長に?」

※面接の回想シーン 由紀「あ、あの・・店長・・ですか!?」

「ええ 不満ですかな?」

由紀「いえ そういうわけじゃ でも私・・飲食業の経験もほとんどないですし」

「利益は求めません あなたにやっていただきたいのはこの店を維持すること それができるなら経営方針はあなたに全部お任せします もちろん資金も提供しますので 遠慮なく言ってください」

由紀「どうして私にそこまで?」

「まあ 勘ですかな・・・引き受けていただけるなら よろしくお願いしたい」

由紀「と いうわけなの」

リュウジ「変わったオーナーさんだな」

由紀「ええ 忙しい人らしくて 店にはほとんどいらっしゃらないけど 時々電話はしてくるわ」

ヒロト「ふーん・・・一体何が目的で・・ん?ちょっと失礼 もしもし?ああ そうそう そこの角を曲がったところだ うん じゃあ 今夏彦と由宇が来るよ」

由紀「ええ!?」

夏彦「もう来たぜー!!」

由宇「久しぶりだな由紀!!」

由紀「夏彦!由宇も久しぶりね 二人とも何してるの?」

由宇「俺たちゃ吉良財閥の宇宙開発事業にたずさわってんだ!」

由紀「え!?宇宙!?じゃ今やってる仕事って・・・」

ヒロト「ああ 由紀なら見せてあげてもいいだろ」

夏彦「じゃーん!!」

由紀「え?これ 新幹線?」

ヒロト「宇宙船だよ」

由紀「本当・・なの!?」

由宇「ああ 本物だぜ これなら何十万光年離れたところにだって飛んでいけるんだ!!」

由紀「一体どうしてこれを?」

リュウジ「そこは 私レーゼが詳しく説明しよう!!つまり・・というわけなんだ」

由紀「信じられない・・私達はニセモノだったけど 本物がやっぱりいたのね・・サッカーで勝たないと地球がなくなっちゃうのか・・これって やっぱり天罰かもね 宇宙人を冒涜した」

ヒロト「それは違う これは運命さ 円堂くんたちの後輩と選ばれた選手たちが行くんだ 勝っても負けても それは運命と思って受け入れる だけど最初から負けるつもりで戦わない 僕らも彼らも勝つつもりで戦うんだ!」

由紀「そうね 私もそう思うわ!」

夏彦「それは これからじっくりと飲みながら話そうぜ!」

由宇「由紀の特性カクテルを飲みながらな!!」

ヒロト「ははは・・今日は僕のおごりだからね」

由紀「ふふ・・じゃあ 新作のカクテル ごちそうするわね!!」Close
相摸屋 分三郎5/18/2014 23:20モールさんね クリプトとマキュアもいいけど 最近女性の職場における格差社会と貧困率が高いらしいから・・ 5/18/2014 13:51そうだね(^^)/彼女の笑った顔は可愛いんだとか・・。 そうそう、緑川のチームにいたグリンゴっていう少年と、オサーム様のチームの、頭巾+ガスマスクの女の子とかね・・・ 相摸屋 分三郎5/17/2014 19:12そう エイリア学園マスターランク、ファーストチームやセカンドチームにも仮面の子がいたけど 素顔を創造するのは以外に難しいのだ けっこう重要な役割を果たしてるよ 5/17/2014 11:11今更だけど、この女性はリオーネだったのか!あの仮面の女の子・・。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.