フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「モリサマと肉バイブ」 は 「中二病でも恋がしたい!500users入り」「キャプション小説」 等のタグがつけられた作品です。

 体育倉庫にて「ちょっと、なーにムネ触ろうとしてんのよ!」 バシっ、っと手を払わ...

タロ

モリサマと肉バイブ

タロ

2014年1月11日 19:32
 体育倉庫にて「ちょっと、なーにムネ触ろうとしてんのよ!」 バシっ、っと手を払われた。「アンタはチンポおっ勃ててりゃいいのよ。私専用の肉バイブなんだから」 そう言うと、丹生谷はいつものようにリズミカルに腰を振りはじめた。「ん、んぁっ。んっんっあっ♪」 自分でその巨乳を揉みしだくのもいつもどおりだ...続きを見る
 体育倉庫にて

「ちょっと、なーにムネ触ろうとしてんのよ!」
 バシっ、っと手を払われた。
「アンタはチンポおっ勃ててりゃいいのよ。私専用の肉バイブなんだから」
 そう言うと、丹生谷はいつものようにリズミカルに腰を振りはじめた。
「ん、んぁっ。んっんっあっ♪」
 自分でその巨乳を揉みしだくのもいつもどおりだ。
「はぁはぁ……まだイクんじゃないわよ? アンタはチンポくらいしか取り柄がないんだから、それくらいはガンバんなさいよね」

 優等生を演じてストレス溜まりまくりのモリサマに、発散のための道具扱いされたいです^^
 しかし、黒髪もいいですがやっぱりモリサマは茶髪が一番ですね

★2014年01月11日付のランキング R-18男子に人気 第234位 に入りました
評価・ブクマありがとうございました閉じる
zedk82016年4月16日 10:46Very hot. タロ2014年1月11日 23:15>>アルトさん 巨乳はいいですよね。時々無性に描きたくなりますよ^^ 2014年1月11日 19:36巨乳モロにも力入れてきましたね・・・GJです!

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。