pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"九七式中戦車 東京都九段  (鉄獅子終・改)", is tagged with 「桜」「オリジナル」 and others.

前に引き続きリメイク版、東京九段のチハ車となります。九七式中戦車ことチハ車は不思...

Onomichi1月砲雷た17

九七式中戦車 東京都九段  (鉄獅子終・改)

前に引き続きリメイク版、東京九段のチハ車となります。九七式中戦車ことチハ車は不思議な車体をしていて、少し前に胸を張っているようにのけぞっている左右非対称の車体と、冠のようなアンテナを付けた独特な形の砲塔と、緑に黄色の帯が付いた色合いと、それらが不思議に混ざり合ってかつて破壊兵器であった戦車なのに...Keep reading
前に引き続きリメイク版、東京九段のチハ車となります。

九七式中戦車ことチハ車は不思議な車体をしていて、少し前に胸を張っているようにのけぞっている左右非対称の車体と、冠のようなアンテナを付けた独特な形の砲塔と、緑に黄色の帯が付いた色合いと、それらが不思議に混ざり合ってかつて破壊兵器であった戦車なのに見ていてある種の美しさを感じます。
私は戦車自体には興味は無いのですがチハ車だけは別で、みていると凄く安心します。
「機械は性能」とか、「機能美」だとか、そういった理屈っぽいあてつけではない、美意識に響く何かがあるのでしょうか。

東京九段の靖国神社に一台の九七式中戦車が鎮座しています。サイパン島で戦車第九連隊に所属していたとき「みたて」車illust/28416298と呼ばれていたこの車両は、撃破されたのちサイパンの海岸に埋められてぼろぼろになっていたものでした。

みたて車は展示のために欠損した部品を別のもので代用したり分厚いペンキ塗りだったりでところどころ独自の変わった形をしていますが、私はこの車体が変遷を経た「現在のチハ車」と感じます。現在みたて車は綺麗に修繕されて来る人々の思いを受け、かつて戦場を駆け巡った鉄獅子達の存在を新しい世代に伝えながら静かに余生を送っています。

かつて破壊兵器であったけれど、今は二度と砲火を交えることも無い存在となったことが(ちょうど古代の恐竜に襲われる心配がないように)最初に述べたような安心してみていられる美意識につながっているのかもしれませんね。Close
Onomichi1月砲雷た172/23/2014 22:38あきづきさん、調べてみると面白い考え方ですねそれ、新しい言葉を教えていただきどうもです あきづき2/23/2014 13:51まあ利休の言う“用の美“というやつでしょうな。
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.