pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"とある香川の鉄道会社が車両不足を解決する為にとった策", is tagged with 「改造してもいいのよ」「魔改造」 and others.

時は戦後すぐ、人々は生活の為、地方への買いだしに勤しんでいた。しかし、戦争中の空...

H6354

とある香川の鉄道会社が車両不足を解決する為にとった策

H6354

5/12/2014 15:29
時は戦後すぐ、人々は生活の為、地方への買いだしに勤しんでいた。しかし、戦争中の空爆などにより各鉄道会社は車両不足に陥っていた。一部の会社は貨車をつなぎそれに人を乗せたが、それができない四国の私鉄路線にあった。高松琴平電気鉄道の琴平線である。琴平線は1920年に琴平電鉄により開業した路線で、当時か...Keep reading
時は戦後すぐ、人々は生活の為、地方への買いだしに勤しんでいた。しかし、戦争中の空爆などにより各鉄道会社は車両不足に陥っていた。一部の会社は貨車をつなぎそれに人を乗せたが、それができない四国の私鉄路線にあった。
高松琴平電気鉄道の琴平線である。琴平線は1920年に琴平電鉄により開業した路線で、当時から旅客のみの高速運転に対応した路線であり、貨物輸送は行っていなかった。その為、客車で必要な機関車の機回しができず、車両不足が問題であった高松琴平電気鉄道は運輸省に電車の割り当てを希望する。その結果来たのは3両の電動車だった。この当時の高松琴平電気鉄道は電動車の数に対し、制御車の数が不足していた。
1947年有る車両が国鉄から譲渡された二軸有蓋車ワフ25000形6両である。この車両を多度津工場で標準軌に改軌させ、琴平町の鐵工所で制御機器と車体工事を行いそれは完成した。11000形、二軸有蓋車改造の二軸制御客車である1948年から運用が始まった。外観は種車に窓を開け、鋼鉄製のドアを固定し、二回り小さい木製ドアを取り付けた、まさにゲテモノ感漂う車両であった。当時の単行電車の両端に連結され運用された。その外観から「お客を荷物扱いするのか!」という意見も飛び出したが、車両不足から当面運用された。当然ながら乗り心地はお察し下さい。その後、電車が入線してくると真っ先に運用を外されたが、廃車後も、車体は仏生山工場や瓦町変電所で物置として使われていた。大部分が1970年代までに姿を消しているが、瓦町変電所に存在した1両分は1991年(平成3年)に瓦町駅再開発計画が着工されるまで現存していた。まさに魔物である。Close
ふらんかー5/13/2014 23:05出たよこのキワモノというかゲテモノ 名無し5/12/2014 19:33伝説のゲテモノを描くというセンスに脱帽! 改(あらた)5/12/2014 18:11出たな究極のゲテモノ! 古淵工機10@Core25/12/2014 17:41ウソみたいだろ? でもこれ、実在したんだぜ…
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.