pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「【TO.sp】困ったときは周りを頼る【第4章】」 は 「【TO.sp】交流」「【真月臨夜の夢想論】」 等のタグがつけられた作品です。

…子供のうちはそれでいいんだって、誰かが言ってた気がする。こちら【illust/...

一路 壱

【TO.sp】困ったときは周りを頼る【第4章】

一路 壱

2014年8月7日 22:57
…子供のうちはそれでいいんだって、誰かが言ってた気がする。こちら【illust/45181338】から続かせていただきました…!シストさんが街の破壊活動に関係していることにはまだ気付いていないため、助けを求めたようです。一人でいることが怖いので、やっぱり誰かといたい。なので知り合いを探して安心し...続きを見る
…子供のうちはそれでいいんだって、誰かが言ってた気がする。

こちら【illust/45181338】から続かせていただきました…!

シストさんが街の破壊活動に関係していることにはまだ気付いていないため、助けを求めたようです。
一人でいることが怖いので、やっぱり誰かといたい。
なので知り合いを探して安心したい様子です。

行動を縛るつもりはありませんので、同行を断るなり、回復支援要員として利用するなりご自由に。
たぶん人質としても使えるよ!

※補足
「前」一人になった
→恐らく3章序盤で置いて行かれた後での襲撃とか、1章で迷子になった時とかのことがぼんやり浮かんるのかと…。
どちらも怖い目に遭ったことはおぼろげながら覚えているので、余計「一人」の現状が怖いようです。

・お借りしました
シストさん【illust/42074614

ルーナ【illust/40037459

問題等ありましたらご連絡ください…。

とある表裏との邂逅の話。閉じる