フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「気丈なヒロインも触手にかかれば……」 は 「淫紋」「アヘ顔」 等のタグがつけられた作品です。

今度出す予定のCG集の表紙と差分公開です。発売時期に関してはめてんのスケジュール...

めてん

気丈なヒロインも触手にかかれば……

めてん

2015年7月5日 00:01
今度出す予定のCG集の表紙と差分公開です。発売時期に関してはめてんのスケジュールがキツキツなのでまだ先です(出す出す詐欺でスミマセン)今回キャプションはADUさんにお願いしました。user/5225493 魔界の牢獄の奥深く。 そこに捕らわれていたのは一人の少女の姿――熾天使マヤと呼ばれた最強の...続きを見る
今度出す予定のCG集の表紙と差分公開です。
発売時期に関してはめてんのスケジュールがキツキツなのでまだ先です(出す出す詐欺でスミマセン)
今回キャプションはADUさんにお願いしました。user/5225493

 魔界の牢獄の奥深く。
 そこに捕らわれていたのは一人の少女の姿――熾天使マヤと呼ばれた最強の天使の成れの果てだった。
 見る者に希望を、勇気を与えた艶やかな紅の長髪は体液にまみれ輝きを失い、純白と真紅、そして金色に彩られたコスチュームは見るも無残。小ぶりな乳房の一方を投げ出し、彼女が惨めな敗北者であることを印象付ける。
 醜悪な肉のマスクに端正な顔立ちを覆われたマヤの口腔から漏れるのはくぐもった淫声。それは苦悶を含みながらも拒絶ではなく、むしろもどかしさに悶える卑しいおねだりともとれた。肉の仮面は絶えず媚毒を湧き出させ、マヤの身体を常に発情させ続ける。
 その身に纏う鮮烈なまでに美しい真紅の魔力は見る影もなく、代わりに彼女を包み込むのは暗紫の妖光。それは断じて彼女のような天使が発してはいけない、邪悪な魔力の光。
 下腹部には子宮という女性の神聖を淫猥にカリカチュアライズした悪趣味な呪印が浮かび上がり、彼女の魂が魔界の快楽に完全に屈したことをこれ以上なく如実に示していた。
 彼女の魔力を吸収する魔力管がマヤに魔力をせっつくと、微かな快楽に反応するように、マヤの身体は半ば以上無意識に魔力を差し出す。
 そうすれば、より強烈な、思考を蕩かす快楽を与えられるのだと知っているから。それが仲間たちへ害を成すのに使われるとわかっていても、嬉々として。
「――――!」
 放出された魔力の報奨として、彼女を拘束する醜悪な肉塊が蠢き、マヤに"御褒美"をくれてやる。四肢を拘束されながらも、マヤの小柄な肢体はびくん、びくんと小刻みに痙攣し、全身で歓喜を表現して与えられる快楽を迎え入れる。
 彼女の手に愛剣が戻れば、いかに力を吸われたとはいえどこの肉塊をウェルダンに焼き尽くすことは容易なことだろう。
 しかしそれが叶うことはありえない。快楽に屈したマヤの心は快楽の与え手に剣先を向けることを良しとしないからだ。
「むぐっ――! んぐぅっ! ッ――――――!」
 気高さの残滓すらも残さず、マヤはただただ与えられる官能を享受する。
 差し出された快楽を受け入れて、自らの身体に眠る莫大な魔力を差し出す。
 差し出せば差し出すほどに、マヤの意識は甘美で邪悪な淫悦に融けてゆく。
 そこに存在したのは最早、かつて妖魔を恐れさせた最強の熾天使ではなかった。
 ただただ浅ましく快楽を貪る、一匹のメス。
 それが今のマヤに与えられたただひとつの役割であり、戦いに明け暮れた彼女の手に入れた、悪夢のような幸福の形であった。閉じる
めてん2015年9月20日 00:30あと少しだけお待ちを・・・・! 触縛💗2015年8月9日 09:08(shame2) アーモン2015年7月10日 17:50他の少女も期待します めてん2015年7月8日 12:04CG集では頼れる所もちゃんと描いているので楽しみにしててくださいっ めてん2015年7月8日 12:04ありがとうございます!クオリティは必ず上がりますので! めてん2015年7月8日 12:03申し訳ないです 仕事の方がなかなか収まらず・・・チマチマ進んではいますのでもうしばらくお待ちを! エターナル2015年7月5日 22:14頼れる強キャラの堕ちていく姿は素晴らしい。 堕ちきると正直賞味期限切れな気もしますが。 CG集楽しみにしています。 カイント2015年7月5日 00:18それだけクリオリティが上がるのだと考えましょう、 応援します、頑張ってください! 四季模様2015年7月5日 00:15楽しみに待っておりましたぁ! これはそそりますね。 しかし発売はまだ先ですか……(´・ω・`) 何時頃になるかわかりませんが、楽しみにしておりますので 制作頑張ってください。

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。