フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

他にも作品の再投稿や広告非表示など便利な機能が盛りだくさん

pixivプレミアムに登録する

pixivへようこそ

この作品 「第百三十季文々。新聞友の会「幻想天狗録」」 は 「射命丸文」「文々。新聞友の会」 等のタグがつけられた作品です。

10/12京都みやこめっせ開催の東方オンリー「文々。新聞友の会」に参加します。配...

くーすい

第百三十季文々。新聞友の会「幻想天狗録」

くーすい

2015年10月8日 23:04
10/12京都みやこめっせ開催の東方オンリー「文々。新聞友の会」に参加します。配置は【祝34 日々徒然。】です。新刊は天狗恋文小説本「幻想天狗録」となります。表紙・挿絵イラストは竜様(user/612224)より※本作品は2013年夏に発行された「恋想天狗録(illust/36887479)」を...続きを見る
10/12京都みやこめっせ開催の東方オンリー「文々。新聞友の会」に参加します。
配置は【祝34 日々徒然。】です。

新刊は天狗恋文小説本「幻想天狗録」となります。
表紙・挿絵イラストは竜様(user/612224)より
※本作品は2013年夏に発行された「恋想天狗録(illust/36887479)」を再録加筆、および追加章を執筆されたものになります。

冊子仕様
文庫判244p フルカラーカバー、巻頭カラー付、本文多色刷り、遊び紙印刷
頒布価格
会場:1500円
書店:2160円(税込)
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=141705
特設 http://hbtd16.sakura.ne.jp/web/kyoto2015/TNG/

作品紹介
――――――――――――――――――――

 森の中で彷徨い、幻想郷へと迷い込んだ少年は足を怪我をした少女と出逢い、手当てをする。その少女は再会を約束し、少年の前から消え去ってしまう。
 その誘いがあったから、少年は幻想郷に残ることを決めて彼女をまった。もう一度、逢いたいから。
 何年も経って少年は青年になるが、少女と出逢うことのない日々を送っていた。
 そんなある日、彼の前に新聞記者だと名乗る少女、射命丸文が現れる。彼女は青年に興味を持ったと言い連れ去ろうとする。
 彼女は、天狗だったのだ。
 そして天狗の住まう山で彼は天狗の少女たちと出逢い、彼女たちが背負っている「告白の赤い羽根ペン」にまつわる伝統を知ることになる。
 これは、綴られる想いから博麗へと至る物語。

――――――――――――――――――――閉じる

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。