ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「肘関節の考察と、シンプルな補助ボーン【3D・Blender】」 は 「Blender」「リギング」 等のタグがつけられた作品です。

少しリアルめのモデルでも自然に曲げられて、かつ簡単に再現できるボーン構造を考えて...

equal One

肘関節の考察と、シンプルな補助ボーン【3D・Blender】

equal One

2015年10月25日 21:55
少しリアルめのモデルでも自然に曲げられて、かつ簡単に再現できるボーン構造を考えてみました。補足情報が沢山あるので、キャプションも「続きを見る」を押してご覧下さい。★初期版を動かしたGIFアニメ→https://twitter.com/ion_equal1/status/6582742592449...続きを見る
少しリアルめのモデルでも自然に曲げられて、かつ簡単に再現できるボーン構造を考えてみました。
補足情報が沢山あるので、キャプションも「続きを見る」を押してご覧下さい。

★初期版を動かしたGIFアニメ→https://twitter.com/ion_equal1/status/658274259244941318
11〜14ページの改良版(併読推奨!)→https://twitter.com/ion_equal1/status/746543104048566272

★10ページの曲げると縮むボーンの親は『Arm.1.Rotate_Y.L(捩りボーン)』のほうが良いかもしれません。振りボーンでは肘(上腕)を捩った時に起点が斜めに離れてひしゃげることが多いようです。

★訂正と補足:14ページ、左上のウェイト図に添えた矢印の向きが逆でした。前腕から肘の角に向かって伸びます。

前腕の付け根を変形するボーンは肘を伸ばした状態では動かないため、大抵は下向きに伸びるのですが、レストポーズで示すなら上向き矢印になります。
また、上腕にも少しウェイトが付いていますが、これは深く曲げたときに力こぶを押さえるためです。しかしボーンから遠いメッシュは超ややこしい引っ張られ方をするので、実際に試しながら調節するしかありません。
前腕も上(肘)に向かって伸びるだけではなく、重なった他のウェイトと干渉しつつ、少し外側に膨らむような変形をします。
 
 
 
★これが出来たならお勧め:前腕(肘〜手首)のカーブを整える補助ボーン→illust/63430846閉じる
しとろ2018年2月8日 19:21CGに詳しくない者ですが とにかく出来上がりが美しい……生々しいくらいです equal One2017年1月21日 17:49なかなか無いのですか〜、これ講座というよりアイデアの範疇な気もするので、そのせいかもですね。自己流ですが役立ててもらえたら嬉しいです! 割と正気2017年1月20日 14:18ユーチューブやフォーラムにはこういった肘や腕の曲がりに関する講座はなかなかないのですごく参考になりますね。 ありがとうございます! Ex2016年9月17日 06:36Thanks! equal One2016年3月19日 19:19読むだけなら分かる感じでしょうか!役立てて貰えたら嬉しいです! (smile3) 3dcinetv2016年3月19日 11:31Thank you for posting. Amazing rig! equal One2015年10月28日 00:38それは良かったです!製作がんばってください!^^ こぶら@アトリエイズモ2015年10月27日 15:11とても参考になります!勉強になりました! (love3) equal One2015年10月27日 00:06ひゃっほー!すごくがんばったのですごい連呼してもらえてすごい嬉しいです!(すごいがゲシュタルト崩壊) 勝己2015年10月26日 02:20うっひー!これはすごいですね!!!すごく腕を観察しておられてすごいです!!