pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"カレン教会275", is tagged with 「一言」「ガガーリン」 and others.

個人的に、常に気にかけていることです。情報を扱うお仕事ということもありますがね。...

岩城比呂

カレン教会275

岩城比呂

12/11/2015 00:30

Please login to see this content

Unable to display this content as it may contain sensitive media.

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!
個人的に、常に気にかけていることです。情報を扱うお仕事ということもありますがね。人間、わかりやすくて、単純で、広がりやすく、伝わりやすい情報のほうが人々に喜ばれます。ぶっちゃけて言ってしまえば、『情報』とは、個人同士のやり取りを越えて1対複数人というやりとりになった場合、その実体よりもイメージを...Keep reading
個人的に、常に気にかけていることです。
情報を扱うお仕事ということもありますがね。

人間、わかりやすくて、単純で、広がりやすく、伝わりやすい情報のほうが人々に喜ばれます。
ぶっちゃけて言ってしまえば、『情報』とは、個人同士のやり取りを越えて1対複数人というやりとりになった場合、その実体よりもイメージを優先させる属性を持った生き物なのです。
つまり、そうであってほしいという虚像の情報の方が、個々本来の情報を書き換えるんですね。

今回の言葉を借りれば、元巨人軍で、番長の愛称で知られた清原和博さんは普段「俺」という一人称を使っていたのですが、スポーツ記事等では常に「ワシ」という一人称になっていましたし、ジャイアント馬場さんは「アポー」とは言いませんでしたが、関根勤さんの誇張したモノマネが元で「アポー」と言っているイメージがつきました。
人類最初の宇宙飛行士のガガーリンも直訳だと「空は非常に暗く、地球は青みがかっていた」に、「しかし、どこを見回しても神はいなかった」という言葉を続けて残しているのですが、日本ではいろんな部分を省いて「地球は青かった」という一言にまとめられた言葉が有名になっています。(ちなみに海外では、むしろ後の言葉の「どこを見回しても神はいなかった」のほうが有名らしいですがね)
こういう話は沢山あって、福沢諭吉の「天は人の上に人を作らず人の下に人を作らず」という有名な言葉も、そのあと「とはいうけれど、何故人に上下が生まれるのか?それは勉強したかどうかなんだよ」という意味の言葉に続くので、有名な言葉とは文の流れが完全に違ってきますね。
昔何気なく見た「海底1万リーグからの妖獣」という白黒映画があるんですが、これも地球の直径が1万3千キロしかないのに、1万リーグ(大雑把に計算して5万キロ)というなんとも矛盾したタイトルが付いていますw。

もっとも、ここで重要なのは「正確さだけを旨とした発言が好きな人」は、別の言い方をすれば「空気の読めていない話の腰を折る嫌な奴」とも取られるでしょう。
つまりはどちらのタイプだろうが、世の中には180度異なった意見を持つ人種が必ず存在し、ポイントポイントでの状況はともかく、トータルでの全体の考え方はどちらが正しいとか間違っているとかいう話ではないと思っています。

【追記:みなさんのコメントを見させていただいてて何気なく思った駄文を追記します。】
みなさん、ガガーリンの言葉にけっこう反応していただいてて嬉しかったのですが、それでティンと閃いた事で「どこを見回しても神はいなかった」という言葉。これは非常に宗教色が強く出た言葉なんですよね。だからこそ日本では流行らなかったのかもしれませんが、昔から何度も見返す大好きなアニメ映画に『初の有人宇宙飛行』と『宗教』を絡めた作品があるんですよね。
そう、ガイナックス作成の「国立宇宙軍オネアミスの翼」。
ここのラストシーンで、人類初の宇宙飛行士となった主人公が、人類の未来のために神に祈りを捧げるセリフの後に、時代も場面も違う連続性のない映像が3分間も流れるのですが、このシーンを某所での解釈を借りて「全ての事象を等しい価値で見るという『悟り』の概念で物事を捉え、日常のどんな細かいことでも、世界を震撼させる大きな事件も、世の中を形成する大切な要素であり、神の視点とは個々ではなく全体で物事を見渡すこと」という風に考えています。
一言で言えば、「一は全、全は一」ってことですねw。
これって、ガガーリンの言葉の全文を知った後で結びつけて考えると面白いなぁと思ったんですよね。

まぁ本当にただの思いつきなんですがねw。
あくまで持論と解釈を重ねた上での思いつきなんで、オネアミスの翼のラストシーンにしても、これが正解だとは思ってないし、オネアミスの翼の制作スタッフの方々が、このガガーリンの言葉に少なからず影響を受けて映画を作ったと考えたほうが面白そうってだけなんですが。

まぁ思うのは勝手かなとw。
このPIXIV自体も、日々の生活の中の自由な時間を割いて、自分が好き勝手やることが楽しいから続けてるだけですしねw。

最後に、地元で取材したとある聖職者が言った「死後の世界や天国を信じますか?」という言葉への返答を引用して。
「私は好きで聖職者になったのですから。死後も楽しみがあると思って善行をしていくほうが、残りの人生も楽しく過ごせそうでしょ?」

まぁそんな感じ。Close
おおもり2/24/2016 00:36ある意味人間は第一印象で決まる(いつ誰のものが第一印象とは言ってない) 岩城比呂12/29/2015 09:17しまったぁぁぁぁ!それがあったのに忘れてたぁぁぁ!本当ですよね。初めて知ったときは、武闘伝でアホほど聞いてたのいそうなんだと思ったのを覚えてます。 ナナシア12/28/2015 15:59実は悟空は「オッス!オラ悟空!」なんて一言も言ってないんですよね、でもゲームでは絶対にどこかしらで言ってますよね 岩城比呂12/28/2015 04:59ハガレンの1話、ロゼが耳障りの良い言葉に騙され、真実を知ったあとも「そうであってほしい方」に流れた時は、衝撃的な漫画が始まったなぁと思ったのを覚えてますね~。仕事人シリーズも、確かに言われてみればその通りですね。イイ見解だ!w クルーザー12/25/2015 18:16日本人は耳触りの良いフレーズが大好物なんですよね。ハガレンでも似たようシーンがあります。それと自分は時代劇の必殺シリーズが好きなんですが、世間のイメージは「正義の味方」なんだけど、本当は金をもらって人を殺す。殺し屋が本来の見方です。弱者の恨みを晴らす。そのあたりがねぇ… 岩城比呂12/12/2015 11:33世界初の宇宙飛行士になったガガーリンが宇宙へ飛び出した時に言った言葉ですね。今では地球=青いというイメージは当たり前のことですが、地球を外から見ることができたからこそのこの言葉を初めて知った時に興奮したのを覚えてます。まぁ細かくは上記のとおりニュアンス違ってましたがね。 岩城比呂12/12/2015 11:04清姫は本当にそんな感じですねw。いやぁ清姫のキャライベとか進めてると、あのヤンデレ感には大いに笑わせていただきましたが、純粋すぎるってのは考えものだと思わざる得ませんね 岩城比呂12/12/2015 11:01おおーこれは知らない情報でした。ありがとうございます。ジュール・ベルツの言葉が有名海賊漫画内で使われていた(架空の作者からの引用という形で)というのは聞いたことありましたが、そうだったんですね。本当こういう新たな情報を頂けた瞬間に、一番カレン教会やってた価値を感じますね~。 岩城比呂12/12/2015 10:52確かに、昔と違って簡単に自分で調べることができるのですから、「知らないことを鵜呑みにしない」「ちゃんとウラを取る。」という習慣も大切だと思いますね。 岩城比呂12/12/2015 10:50実は1回だけの言葉ってけっこうありますよね。あしたのジョーの「立て!立つんだジョー!!」とか、東方のルーミアの「そーなのかー」とかですかね~。スパロボで有名なブライトさんの「左舷!弾幕薄いぞ!何やってんの!」は原作では一度も言われてないってのも驚きました。(似た言葉は複数あり) 白崎 望12/11/2015 23:20ふむ、勉強になりますね。 「地球は青かった」のどこが名言だったのか正直理解できてなかったのですが、発言の趣旨からして違ったのですね。 グランゼーラ12/11/2015 21:28清姫「なまじ完全な嘘でない分余計不愉快です。」 清姫が嘘を正すために(安珍追いの傍ら)マスコミ業界に入ったらそれはそれでヤバい気も・・・知らなくていいことまでモロ書きそうだし。 しゅーにゃん12/11/2015 12:49「インパクト重視の発言のほうが伝わる」というのはどこの国にもあるんだけど、とりわけ日本では「よりシンプルなインパクトのある発言」感じがします。たぶんそれだけ報道側が「お客」の賢さを推し量れてないって事なんでしょうけどw。 しゅーにゃん12/11/2015 12:48「いつも科学は人間の想像を上回るから、私の創作はいつも現実の科学を下回る」という事しか言ってないジュール・ベルヌのセリフも、「人間が想像することはすべて実現する」と誤解されている。そういやガガーリンの地球青発言、あれで人気なのは日本だけなんですってねw。 両儀 式12/11/2015 06:58これにより報道というのは、必要最低限な部分だけで止めてしまうために視聴者側は内容の全文を把握できずに誤認させてしまう可能性もあります。 12/11/2015 06:58インパクト重視:風評被害やら炎上商法やら人を不快な気分にさせることがとても目立つけど、現代社会は記録の保存が昔と比べてしっかりしてるので、正確さが必要な時それらを参照すればいいという妙な安心感の裏返しの結果としてインパクトのあるバカ話ばかり盛り上がるかと思います。 両儀 式12/11/2015 06:56アムロいきまーす!は頻繁に言ってるようで実のところ一回限りしか言っていなかったり 星一徹のちゃぶ台返しは、これもたった一回こっきりだったりします。 さらにマスコミというのは、わざわざ聞いておきながらインパクトのある部分だけを切り取り全文を明らかにしない傾向があります
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.