pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「ノスタルジック・シンドローム 「僕たちの卒業式」」 は 「背景」「春」 等のタグがつけられた作品です。

 きっと、わかりあえない人だと思っていた。 だって、君と僕とはなにもかもが正反対...

EDC

ノスタルジック・シンドローム 「僕たちの卒業式」

EDC

2016年3月7日 21:06
 きっと、わかりあえない人だと思っていた。 だって、君と僕とはなにもかもが正反対で、たまたま席が近かった入学式のあの日から、くだらないことでけんかばっかりしていたんだ。 ねえ、君はまだ覚えてる?  最初の運動会で同着1位になって、お互いに自分のほうが速かったって言い張ってたときのこと。テスト前に...続きを見る
 きっと、わかりあえない人だと思っていた。
 だって、君と僕とはなにもかもが正反対で、たまたま席が近かった入学式のあの日から、くだらないことでけんかばっかりしていたんだ。
 ねえ、君はまだ覚えてる? 
 最初の運動会で同着1位になって、お互いに自分のほうが速かったって言い張ってたときのこと。テスト前に、泊まり込みで勉強したときのこと。僕が上級生にちょっかいを出されて、泣きそうになっていたときのこと。あんなに怒った君の顔、はじめて見たよ。でも、好きな子ができたんだって、真っ赤になってたこともあったっけ。
 明日からはもう、ちがうソラ。こっちが快晴でも、そっちはざーざー降りの雨かもしれない。帰り道にコロッケの買い食いだってできないよ。君に伝えたいことは全部伝えたっけ。渡せるものはほかにないかな。そろそろにっかり笑わなきゃ。
 ばいばい言うよ。またねって言葉でごまかさずにちゃんと手を振るよ。だって僕たちはこの駅で、いつもそうやってお別れしていたから。また会えるのが当たり前のことなら、わざわざ約束なんかする必要はないんだ。ただ思いっきり、旅立つその背中を叩けばいい。
 咲け、咲け、サクラ咲け。君の未来に花開け。
 別れた道の先は、きっと描いた夢に繋がっている。僕はこの町で変わらずに生きていくから、君は前だけを向いて走り続ければいい。それでときどき休みたくなったときは、この場所で「おかえり」って迎えてあげるから。
 咲け、咲け、サクラ咲け。涙のあとに虹かかれ。
 脱ぎ捨てた制服も、傷だらけの机も埃っぽいグラウンドも、全部ぜんぶ僕たちの道しるべだ。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません