ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「劇画道」 は 「たんちん同盟」「まんが道」 等のタグがつけられた作品です。

タイガーマスクのアニメ新作の制作決定!とのことで、便乗して過去のパロディ作品を投...

馬場忠則

劇画道

馬場忠則

2016年3月30日 01:07
タイガーマスクのアニメ新作の制作決定!とのことで、便乗して過去のパロディ作品を投稿します。それまで「まんが道」のパロディサークルとして、寺田ヒロオ先生、鈴木伸一先生、坂本三郎先生、つのだじろう先生、藤子不二雄Ⓐ先生、赤塚不二夫先生、と、トキワ荘関連の先生方や作品をネタにギャグパロディを描いてきま...続きを見る
タイガーマスクのアニメ新作の制作決定!とのことで、便乗して過去のパロディ作品を投稿します。

それまで「まんが道」のパロディサークルとして、寺田ヒロオ先生、鈴木伸一先生、坂本三郎先生、つのだじろう先生、藤子不二雄Ⓐ先生、赤塚不二夫先生、と、トキワ荘関連の先生方や作品をネタにギャグパロディを描いてきましたが、いよいよ手塚治虫先生、石森章太郎先生、藤子・F・不二雄先生を残すところとなりました。

この作品は、まんがの神様・手塚先生をネタにパロディを描く!ということで相当緊張しながら内容や表現を吟味して描いた覚えがあります。特に『三つ目がとおる』の和登さんはあこがれの女性でしたから、気合を入れて描きました。
劇画の代表例として梶原一騎先生の作品をとりあげる、というのは決めていたのですが、タイガーマスクか侍ジャイアンツかで迷いました。
私のサークルの読者さんは、トキワ荘世代の漫画家の先生方のファンも多く、こういった描写はファンの方々の顰蹙を買うのではないか、とおそるおそる発表したのですが、愛情のあるパロディと評価してくださる方が多かったのはありがたかったです。
この作品の評判が良かったことで、次作の石森章太郎先生の本に自信を持って取り組むことができました。閉じる
まっつ佑2018年1月3日 06:04こんなにかつての流行語を詰め込んだ漫画を見たのは初めてだ…