pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"【花冠】モル【第三期投票】", is tagged with 「【花冠:第三期投票】石の国」 and others.

✧--------✧--------✧--------✧--------✧---...

s-y

【花冠】モル【第三期投票】

s-y

8/13/2016 16:36
✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧---...Keep reading
✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧

ついに彼女の「祖先の遺跡」に辿り着くことが出来た。
あれから大きな怪我をすることも彼女を悲しませることもなく、騒がしいながらも穏やかな探索の日々ももうすぐ終わる。
わずかな喪失感を覚えつつ、率直な感想と他の遺跡との違いなどを楽しく話しながらほとんど風化してしまっている遺跡群を二人で歩く。
興奮した様子でいつもより足早にあちこち見てまわる元気な彼女の姿に、こちらもなんだか嬉しくなった。
日が暮れ始めた頃、夕日が綺麗に見える場所に並んで腰掛けて今までのことをぽつりぽつりと語るうちに段々と俺たちの口数は減っていき、しばしの無言の後、彼女の横顔を見た。
普段とは違う、郷愁を感じさせる寂しそうな顔。
ふと、彼女が自分の元に残ってくれないような、そんな焦りが俺の背中を押した。

「エネア、結婚しよう」

前置きも何もなく、俺はずっと伝えられていなかった気持ちを口にしてしまっていた。
ここまで育てた彼女との絆を信じて、この想いを受け入れて貰えないなんてことは考えず。
その後、彼女が頷いてくれて、やっと俺達の関係に形が出来たような気がして。
夕日が沈んで夜空に変わる頃、星と豊穣神の眷属の魂に見守られながら、俺達は夫婦となった――。

✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧

「花言葉を聞いて、エネアに贈る花はこれしかないと思ったんだ。
 あと、このペンダントの宝石……俺の加護星の色なんだ。
 加護星レグルスの名の意味は”獅子の心臓”。
 要するに俺の心臓を ――― いのちの意味がわかる君に贈るよ。
 俺の想いに応えてくれて、本当にありがとう。」


✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧--------✧


投票者:モル【illust/58296542
お相手様:エネアさん【illust/58240830
お花と、ロイヤルブルームーンストーンのペンダントを贈ります。

このお花は「ストック」です。Close
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.