pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「読書」 は 「恐竜」「女の子」 等のタグがつけられた作品です。

文献を読み、遥か太古の時代に思いを馳せる。意識の向かう先­―――そこは白亜紀。想...

竜荷アンモライト

読書

竜荷アンモライト

2016年9月19日 17:29
文献を読み、遥か太古の時代に思いを馳せる。意識の向かう先­―――そこは白亜紀。想像の中で、眼前の景色と過去の地球の位相が重なり合っていく―――聴こえてくるのは、近くでトリケラトプスがシダを食んでいる音。そしてその、大型植物食動物の息使い。肌にまとわりつくような大気が伝える熱帯の温度。先ほど降った...続きを見る
文献を読み、遥か太古の時代に思いを馳せる。
意識の向かう先­―――そこは白亜紀。想像の中で、眼前の景色と過去の地球の位相が重なり合っていく―――

聴こえてくるのは、近くでトリケラトプスがシダを食んでいる音。そしてその、大型植物食動物の息使い。

肌にまとわりつくような大気が伝える熱帯の温度。
先ほど降ったらしい夕立に濡らされた土のにおい。その臭いに混じって、獲物の匂いがあるのを遠くから察知して来た者の姿もあるようだ。

ヤシの葉の陰で羽を休めているムカシトンボが再び飛び立つ時は、三本角の彼が食事を止めるのと一緒になるかもしれない。閉じる
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません