pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「セーラーおねちゃん」 は 「ONE_-ARIA_ON_THE_PLANETES-」「OИE」 等のタグがつけられた作品です。

夕暮れの教室、一人佇む女子生徒に、僕は目を奪われた。十代らしからぬ妖艶さを放つそ...

Roah

セーラーおねちゃん

Roah

2016年9月28日 22:15
夕暮れの教室、一人佇む女子生徒に、僕は目を奪われた。十代らしからぬ妖艶さを放つその目から僕は目を逸らすことが出来ない。彼女はクスクスと笑いながらゆっくりと僕に歩み寄ってくる。一歩、一歩と歩み寄り、気づけば、彼女は僕のすぐ目の前、息がかかりそうなほど近くに立っていた。そして、甘い吐息を吐きながら、...続きを見る
夕暮れの教室、一人佇む女子生徒に、僕は目を奪われた。
十代らしからぬ妖艶さを放つその目から僕は目を逸らすことが出来ない。
彼女はクスクスと笑いながらゆっくりと僕に歩み寄ってくる。
一歩、一歩と歩み寄り、気づけば、彼女は僕のすぐ目の前、息がかかりそうなほど近くに立っていた。
そして、甘い吐息を吐きながら、彼女の潤んだ唇が言葉を紡ぐ。
「せ~んせ♪ どうしたんですか?」閉じる
UNKNOWNなメイド長2017年5月17日 23:57この顔は卑怯なレベル......ッ!
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません