フィードバックを送る

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「【F/er】アンドレア・ドーリア【サーヴァント】」 は 「【F/er】女性」「【F/er】イタリア」 等のタグがつけられた作品です。

こちら(illust/56760962)の企画にサーヴァントの二人目を投下させて...

ホネキツネ

【F/er】アンドレア・ドーリア【サーヴァント】

ホネキツネ

2017年1月29日 16:43
こちら(illust/56760962)の企画にサーヴァントの二人目を投下させて頂きます。◆主催承認済みです・真名:アンドレア・ドーリア・クラス:ライダー・性別:女・身長:150cm・出典;史実・地域:イタリア・属性:混沌・善・一人称:私/本艦(ワタシたち)・二人称:マスター、お前・三人称:呼び...続きを見る
こちら(illust/56760962)の企画にサーヴァントの二人目を投下させて頂きます。
◆主催承認済みです

・真名:アンドレア・ドーリア
・クラス:ライダー
・性別:女
・身長:150cm

・出典;史実
・地域:イタリア
・属性:混沌・善
・一人称:私/本艦(ワタシたち)
・二人称:マスター、お前
・三人称:呼び捨て

・願い:海将:特になし。傭兵家業の延長として正当な報酬を貰えば働く。
    戦艦:歴史に名を残す戦果を上げたい。

■イタリア海軍の装甲艦が英霊化したもの
 ――なのだが、人格のない兵器の依代として、艦名の由来となった同名の人物の人格を付加して召喚される形となった。
 ・基本的には由来となった16世紀ジェノヴァの海将「アンドレア・ドーリア」本人の人格を主として、戦艦の進水から解体までの記憶を保持している状態。
■装甲艦「アンドレア・ドーリア」は仮想敵国フランスの軍備増強に対抗すべく1891年に竣工し、表面上平穏な地中海において戦闘を行うこと無く20年後の1911年5月25日を以って除籍解体処分となった。
 第一次世界大戦の契機となるサラエボ事件が発生する3年と33日前のことである。
■海将「アンドレア・ドーリア」は傭兵隊長として地中海で様々な戦いを繰り広げ、特に60歳を過ぎてからのオスマン帝国私掠船との戦いが有名。プレヴェザの海戦で味方陣営の統率不足もあり敗北を喫したが、以降も90歳近くまでオスマン帝国と海で戦い続けた。
■史実では男性だが、女性として扱われるのが慣例な艦艇の英霊としての霊基に人格を被らされたが故に女性として召喚された。

■スキル
クラススキル
・対魔力:D
・騎乗:B (艦船に関してはAランク相当)
保有スキル
・嵐の航海者:A-
 船と認識されるものを駆る才能。集団のリーダーとしての能力も必要となるため、軍略、カリスマの効果も兼ね備えた特殊スキル。
 アルジェ攻略の際にハリケーンに乗じて反撃を受け壊滅的打撃を被ったため、若干ランクダウンしている。
・地中海の鮫:A+
 自身の称号がスキルとなったもの。
・老骨の智:B
 年老いてもなお気力と知略は衰えなかった逸話によるスキル。
  経験と戦略眼に基づいた指示で味方をサポートする。
■宝具
・「凪海に浮かぶ巨砲艦(アンドレア・ドーリア)」
 :Baster
 :敵全体に強力な攻撃+チャージダウン
 :対軍宝具
 :今の自分自身とも言えるルッジェーロ・ディ・ラウリア級戦艦「アンドレア・ドーリア」を実体化させ
  主砲・副砲の一斉砲撃を行う。

※オスマン帝国艦隊と幾度も戦った自身のガレー船艦隊も宝具として有しているが、現段階では使用不能。

■交友関係
・有賀幸作(戦艦大和)さん【illust/59652611
「私と同じようなサーヴァントがいるとは驚きだ。お互い苦労するな。」
「国を護るために命を賭す……私には分からぬ矜持だが、その意志が戦において大きな力のなるのだろう。」
「『大和』……本艦(ワタシたち)より遥かに強大な、戦艦の極北……。その在り方も、最期も、後の世に語られている……それが本艦(ワタシたち)には妬ましい……」

■契約、交友関係について
特に制限はありませんが、キャラクター同士の相性を重視させていただこうと思います。
もし申請などがありましたらメッセージ機能や交流の投稿などでお願いいたします

twitter【https://twitter.com/bonefox1閉じる

フィードバックを送る

pixivでは今後の開発の参考にするため、フィードバックを募集しています。
あなたが使っていて感じたこと、見つけた問題をお寄せください。
いただいた内容すべてに返信することはできませんが、開発メンバーみんなで目を通しています。
フィードバックの種類
この内容で送ります
フィードバックの種類:
ありがとうございました!
サイトは随時アップデートしていきます。
また何かお気付きの点ありましたら、お気軽にフィードバックをお寄せください。