pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「改造少女」 は 「スク水」「コピック」 等のタグがつけられた作品です。

「先生、股からこんな部品が・・・」夏の暑い午後、学校ではプールの授業が行われてい...

Kaizou_2

改造少女

Kaizou_2

2017年2月14日 00:00

閲覧にはログインが必要です

センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません。

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)
「先生、股からこんな部品が・・・」夏の暑い午後、学校ではプールの授業が行われていた。この学校は普通の学校ではない。事故などで身体を改造された少年少女達専用の学校なのだ。この学校では普通の人と同じように生活していくための知識や方法が教え込まれる。ほとんどの生徒は小学生の頃に改造されており、身体の扱...続きを見る
「先生、股からこんな部品が・・・」

夏の暑い午後、学校ではプールの授業が行われていた。この学校は普通の学校ではない。事故などで身体を改造された少年少女達専用の学校なのだ。この学校では普通の人と同じように生活していくための知識や方法が教え込まれる。ほとんどの生徒は小学生の頃に改造されており、身体の扱いにもなれている。
中学生にもなると自分の身体の仕組みも覚え、どのような制限があるのかもわかる。そして、どこが破損したのか、それは致命的な故障なのかもわかるようになる。これも学校で教える特殊な授業の賜物だ。

「これが、落下したのか?」

先生は尋ねた。

「はい」

「これは・・・どこの部品だ?」

「私の身体の部品じゃないみたい・・・」

「そうだな・・・お前の身体はタイプUX-69だからな。ここまで大きな部品はないだろう。となると、どこから出て来たんだ?」

「股からですけど・・・」

「それは妙だな・・・」

「そうですよね・・・あっ!」

「どうした?」

「これ、章夫君のだ!」

「どういうことだ?」

「昨日、人間同士で行うセックスというのを経験してみたくて章夫君のあれを股に入れたんです」

「おいおい・・・」

「章夫君に確認してきます〜」

少女は確認しにいった。部品は間違いなく章夫のものだった。

「朝起きたら、アレが落ちそうになっていて驚いたよ・・・。お前の穴の中に部品があったなんて・・・」

閉じる
2017年2月14日 10:31No longer does anyone find the need for those. Bravo! (happy) Kaizou_22017年2月14日 09:12Since the battery is rechargeable, it does not replace it. 2017年2月14日 00:08I believe I have found you, Miss Ruby, but now a panel replaces your backup battery? (interesting2)
センシティブな内容が含まれている可能性のある作品は一覧に表示されません