pixivは2018年5月16日付けでプライバシーポリシーを改定します。内容が以前よりも明確になり、EU(欧州連合)の新しいプライバシー保護法にも対応します。

詳細

ちょっと入力するだけ! 簡単!

pixiv新規登録(無料)

他にも便利な機能がいっぱい!

pixivへようこそ

この作品 「友だちが見つかりました:すでに絶望の中で... !!」 は 「赤松楓」「汚職」 等のタグがつけられた作品です。

彼女のクラスメート - いいえ...彼女の友人 - 行方不明だった。 誰も彼女を...

blackwidow69x

友だちが見つかりました:すでに絶望の中で... !!

blackwidow69x

2017年4月5日 20:55
彼女のクラスメート - いいえ...彼女の友人 - 行方不明だった。 誰も彼女を数日で見たことがなかったし、白銀つむぎは、その多くの日を逃したタイプではなかった。 赤松楓は白銀つむぎを探し始めるために勇気を出しました。これは、他のクラスメートが彼女をリードするよう促しました。確かに、彼女はキャン...続きを見る
彼女のクラスメート - いいえ...彼女の友人 - 行方不明だった。 誰も彼女を数日で見たことがなかったし、白銀つむぎは、その多くの日を逃したタイプではなかった。 赤松楓は白銀つむぎを探し始めるために勇気を出しました。これは、他のクラスメートが彼女をリードするよう促しました。

確かに、彼女はキャンパスの周りにいなければならなかったので、それは検索する非常に小さなエリアではありませんでしたが、それは少なくとも出発して作業するための非常に特定の場所でした。 赤松楓は遠くに見る必要がないことを望んでいました。

彼女が最終的に遭遇したことは彼女を驚かせた。 彼女の体は、白銀つむぎが前に彼女の友人が見たことがない表現で彼女に向き合うのを見て、凍った。 彼女の目に深く渦巻いているようで、赤松楓は彼女を見るだけで感じることができました。 何かが間違っていた。。。

赤松楓は白銀つむぎの後ろに立っていた人物について彼女の目を信じることができませんでした。。。

赤松楓は何が起こっていたのかを処理できませんでした。 赤松楓はその後、江ノ島盾子が白銀つむぎを厳しく蹴ったときに驚いて叫びました。 江ノ島盾子は白銀つむぎの上に彼女の裸足を押さえつけるように押し始めました。

赤松楓は、江ノ島盾子の行動が彼女の友人を沈黙させることであることをほとんど認めなかった。 しかし、彼女がさらに驚いたのは、江ノ島盾子が彼女にしていたことによって白銀つむぎがどのように興奮しているように見えるかということでした。

彼女の左手を握って、赤松楓は何が起こっていたのかを知りたいと要求した。

彼女は何が起こっていたかを正確に知ることはできませんでした。

Google Translate
_____
Her classmate -- No... her friend -- was missing. No one had seen her in days and Tsumugi just wasn't the type to have missed that many days of class. It was Kaede who finally worked up the courage to start looking for her, which encouraged others to follow her lead.

Surely, she had to be around the campus, so while it wasn't a very small area to search, it was at least a very specific place to start and work from. Kaede hoped that they wouldn't have to look far.

What she eventually stumbled upon caught her off guard. Her body froze as she saw Tsumugi turn to face her with an expression that she had never seen her friend have before. Something seemed to be deeply swirling in her eyes that Kaede could feel just from looking at her. Something was wrong.

Kaede couldn't believe her eyes on who was standing behind Tsumugi.

Unable to process what was going on, Kaede shrieked in surprise when Junko suddenly kicked Tsumugi down to the ground harshly, before stomping her bare foot on top of her as if to hold her down.

Kaede barely registered that Junko's actions were to silence her friend. However, what surprised her further was how Tsumugi seemed excited by what Junko Enoshima was doing to her.

Clenching her left fist, Kaede demanded to know what was going on.

Little did she know, she would find out first hand exactly what was going on.閉じる