pixiv will revise its privacy policy on May 16, 2018. The contents become clearer and correspond to the new European privacy protection law.

Details

It's just a few simple steps!

Register for a FREE pixiv account!

Enhance your pixiv experience!

Welcome to pixiv

"東条の奇術師", is tagged with 「東条斬美」「チャージマン研!」 and others.

夕方の森の中を一人の少女が帰りを急いでいましたすると前に突然大きな影が現れました...

相摸屋 分三郎

東条の奇術師

相摸屋 分三郎

5/9/2018 22:32
夕方の森の中を一人の少女が帰りを急いでいましたすると前に突然大きな影が現れましたそれは妙な格好をした大男でした「エヘヘヘ、あなたスミコちゃんですね?僕はサーカスの道化師です、僕のサーカスを見にいらっしゃいよ、曲芸も手品も上手ですよ!おさるやゾウやアザラシの芸も見れますよ!まだ夕ごはんまで時間があ...Keep reading
夕方の森の中を一人の少女が帰りを急いでいました

すると前に突然大きな影が現れました

それは妙な格好をした大男でした

「エヘヘヘ、あなたスミコちゃんですね?僕はサーカスの道化師です、僕のサーカスを見にいらっしゃいよ、曲芸も手品も上手ですよ!おさるやゾウやアザラシの芸も見れますよ!まだ夕ごはんまで時間があるし、帰りは送って行ってあげますよ!」

「せ、せっかくですけど、急いでますから・・・」

スミコちゃんはそばをすり抜けて行こうとしましたが、男に腕をつかまれてしまいました

「そういわずにさあ・・・ちょっとだけでも」

「誰かぁ、誰かきてえーーー!!!」

すると道化師はスミコちゃんの口をふさぎました

「騒ぐと痛い思いをしなきゃならないぞ!?静かにしてれば、すぐに帰してやる!」

道化師はそのままスミコちゃんを引きずって、そばに止めてあった車に乗り込みました」

「うまくいきやしたぜ!」道化師は運転席の男に言いました

まるでキツネのように目のつり上がったメガネに黒ずくめの恰好をした妙な男がにやりと笑いました

「やあ、お嬢さん探しましたよ、私たちを人さらいかなんかだと思っているかもしれないが、それは思い違いだよ、これは・・・君が望んだことなんだからね、きゅうくつな思いはかわいそうだから眠るといい」

男は手下に命じてスミコちゃんになにかをかがせました

スミコちゃんはしんだようにぐったりとなってしまいました

男はどこかへ電話をかけ始めました

「お探しの人材が見つかりましたよ、ええ、彼女なら国民全部の奉仕者になってくれそうです・・・ご心配なく、これは国民の大部分が望んでいることなんですから、彼女は自分が選ばれたことがまだわかってないようですがね、いずれわかりますよ・・・何せみんなDRが好きなんですからね、だからこそこんなに長く続いてる長寿番組なわけで・・・おっと、長話が過ぎました、イタリアは気候がいいですから、住むのにはいいでしょうなぁ、それじあお達者で・・・」

男は電話を切ると、口の端をまげて苦笑いを浮かべました

「フン、一国の総理大臣夫婦が国外逃亡か、これじゃあ、『百夜教』とかいう宗教がはやるわけだわい」

そして数か月後

柊家の当主こうほのまひるちゃんは分家の男の子と出会いました

「君がグレンくんね、私はまひる、将来は君のあるじになるわけだけど、私はけらいなんてものにはしたくはないわ、ねえ、大きくなったらけっこんできるようになるといいわね、あら?そっちの子も同じ家の男の子なのかしら?」

「いや、こいつは女の子だよ、かわいそうに 五月雨!こんな髪を短くして男の子みたいな服を着せなくていいじゃないか!お前のむすめだろう!?」

グレンは眼鏡に髭の従者の男に言いました

「恐れながらグレン様、従者は当主に身を捨てて尽くすものでございます、女の子らしさなどなくてよいのです、時雨も男ならよかったのですが、性別までは選ぶわけには参りませんので・・・」

「かわいそうだわ、ねえ、きるみお姉さま、何か服をあつらえてあげて」

まひるは柊家につかえているメイドのきるみさんに言いました

「恐れながら、当主様からは分家とお嬢様を関わらせないよう承っております」

「そんな、ちちうえの命令とはいえひどいわ!お姉さま 私からのお願いよ!」

「・・・わかりました、それがお嬢様の最後の命令とあらば」

「ありがとう!お姉さま!」

「最後の命令だって?」

「ええ、お姉さまはもうすぐいなくなってしまうの・・・残念だわ、なんだか大きな学園に行くんですって、最近怖い人が人をさらいに来るそうよ、私怖いわ・・・お姉さまがいなくなったら、私どうしたらいいのかしら?ねえグレン、私たち・・・本当に一緒になれないのかな?」

グレンは何も言わなかった

おそらくこれからはお互いに会わないほうがいいかもしれない、

きっとよくないことが起こるだろうから

しかし、それでも会いたかった

その時、すでにグレンはまひるに恋をしていたのかもしれないClose
Potentially sensitive contents will not be featured in the list.